GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
カプセルホテル [9h(ナインアワーズ)竹橋]
事業主体名
株式会社ナインアワーズ+株式会社コスモスイニシア
分類
商業のための建築・空間・サインシステム
受賞企業
株式会社ナインアワーズ (東京都)
株式会社コスモスイニシア (東京都)
受賞番号
18G120988
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「9h(nine hours)は、宿泊機能の最も基本的な3つの概念「汗を洗い流す(1h)」、「眠る(7h)」、「身支度(1h)」を基本コンセプトに、都市生活にジャストフィットする宿泊の機能と、新しい滞在価値を提供するカプセルホテルです。9h竹橋は皇居の側に立地し、カプセルホテルとしての宿泊利用だけでなく、皇居ランナーのための「ランニング・ステーション」を設置し、ロッカー・シャワー利用、備品やレンタル用品を備える等、都市生活における様々な利用・滞在の仕方や都市との関係性を提案しています。カプセルは全て建物内部に設けたヴォイドに向けて配置され、「周辺環境と繋がったカプセル」を目指しました。

プロデューサー

株式会社ナインアワーズ+株式会社コスモスイニシア

ディレクター

株式会社ナインアワーズ+株式会社コスモスイニシア

デザイナー

コンセプト/プロダクトデザイン 柴田文江+サイン&グラフィックデザイン 廣村正彰+建築設計 平田晃久 (平田晃久建築設計事務所)

詳細情報

https://ninehours.co.jp/takebashi/

利用開始
2018年3月
価格

4,900円

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都千代田区神田錦町3-11-15

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

周辺環境と繋がったカプセル、宿泊・滞在の新しい在り方、また都市との関係性

背景

従来、ホテルなどの宿泊施設は「泊まる場所」としての機能や形態、サービスが求められてきました。中でもカプセルホテルは「眠る」ための宿泊施設として一つの完結した世界であり、周辺環境とは関係なく存在する暗くて閉じたものでした。しかしながら、外に開いた「明るく透明な場所」とすることで、「周辺環境と繋がったカプセル」を目指せないかと考えました。また、都市部において宿泊・滞在の在り方や形態は多様化し、「一泊」という単位での「泊まるだけの場所」ではなくなりつつあると考えています。今回、立地が皇居の側ということもあり、カプセル利用者用のシャワーブースをランナーたちに時間貸しをするサービスを付加しています。「ランニング・ステーション」とカプセルの相補関係が生まれることも期待しています。

デザイナーの想い

ひとつの完結した世界観の中へ徐々に引き込まれていく、その延長上にカプセルがあるという「一つのシークエンスとして閉じたカプセル」を意識しつつ少しでも都市に開きたいと考えていました。また、一つのカプセルが一般的な建築の天高と比べて半分の高さであり、「扱うべきピクセル」が細かいため、都市に蔓延する粘菌のようにあらゆる姿を取りうる可能性があります。つまり、「町の状況とカプセルが作り出す鋳型が、どのように絡むのか」からスタートし、結果的に顕れてくる個性的な総体について使い方を考えるということが可能になります。完結した世界観が隣棟の壁を借りた外部ヴォイドによって構築されていたり、すべてのカプセルが外部ヴォイドに開いていることで、周辺環境とつながったカプセルとなっています。今後、東京各地にオープン予定であり、9hのネットワークによって都市と建築の関係を探れる可能性があると考えています。

仕様

敷地面積:166.39㎡ 建築面積:124.68㎡ 延床面積:828.53㎡ 鉄骨造地上8階建て

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都千代田区神田錦町3-11-15
9h竹橋HP

審査委員の評価

カプセルという、極めて「個」の強い空間に着目をして、既存のホテルの中で組み上げられてきた、個室と廊下との関係、ホテル内部空間と街並みなどとの関係を疑い、カプセルホテルならではの特性を生かして組み直す事で、カプセルホテルにしかできない空間体験を生み出しているところが魅力的である。まさに、デザインのチカラが感じられる作品である。

担当審査委員| 山梨 知彦   浅子 佳英   石川 初   色部 義昭   永山 祐子   Gary Chang  

ページトップへ