GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
商業施設 [ヒューリック アンニュー シブヤ]
事業主体名
ヒューリック株式会社
分類
商業のための建築・空間・サインシステム
受賞企業
ヒューリック株式会社 (東京都)
株式会社櫻井潔建築設計事務所・ETHNOS (東京都)
受賞番号
18G120979
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

渋谷センター街、井の頭通りと夢二通りが交わる角地に建つ商業施設の計画である。周辺は商業施設が林立し 競う様に看板を掲げている。 各階を独立したボリュームとして捉え外部から視認できる様にし、全面ガラスファサードにすることで内部の賑わいが外からも感じられ、看板ではなくボリウムで存在を認知できる様にというのが我々の提案だった。天空率を駆使し賃貸面積を最大化、ダイバーシティ感を演出。設備シャフトをすべて外部化することで地上部基準階でレンタブル比100%を実現し事業性を確保、各階ガラスのインゴットが積み重なる表現とするため 表からはサッシュレスの複層ガラス防火設備スチールカーテンウォールを開発した。

プロデューサー

ヒューリック株式会社 吉留 学

ディレクター

株式会社櫻井潔建築設計事務所・ETHNOS 櫻井 潔

デザイナー

株式会社櫻井潔建築設計事務所・ETHNOS 櫻井 建人

櫻井 建人

詳細情報

http://www.annew.jp

利用開始
2017年5月26日
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都渋谷区宇田川町31-1

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ガラスインゴット

背景

オフィスビルを中心とした不動産事業を営むヒューリックとして初めての開発型商業施設としてスタート。渋谷宇田川町の好立地のもとダイバーシティ感を象徴するデザインが求められるとともにヒューリックブランドにふさわしい高い機能性を持つ建物、テナントの多種の要望に応えるべくフレキシビリティーを要求された。

デザイナーの想い

天空率を活用しボリュームの方向性が決まった後、可能な限り各階がシンプルで綺麗なガラスの箱となるよう尽力。構造設計はArup谷川氏、設備設計はイーエスアソシエイツ佐藤氏辺見氏・環境トータルシステム木林氏と施工は西松建設と共に計画を進めた。

仕様

■規模 鉄骨造 地上10階地下2階 ■高さ 38.637m ■敷地面積 282.45m² ■建築面積 231.42m² ■延床面積 2121.19 m²

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都渋谷区宇田川町31-1
HULIC &New 公式HP
HULIC 公式HP
ETHNOS公式HP

審査委員の評価

構造と収まりの巧妙な操作によって実現された、ズレながら積層するガラスの箱。多種多様な店舗に看板や広告物が乱立する渋谷の繁華街の風景に対し、動きを持った箱によって適度に同調し、商業施設に必要な引きのある賑わいをもたらしながら、街並みに高い意匠性を与することに成功している。

担当審査委員| 山梨 知彦   浅子 佳英   石川 初   色部 義昭   永山 祐子   Gary Chang  

ページトップへ