GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
賃貸住戸(リノベーション) [光の粒子と暮らす箱]
事業主体名
大和船舶土地株式会社
分類
小規模集合住宅
受賞企業
神戸芸術工科大学 プロジェクトチーム (兵庫県)
大和船舶土地株式会社 (兵庫県)
COCCA (兵庫県)
受賞番号
18G100898
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

築後40年余りの5階建賃貸マンション内の1住戸の改修である。敷地は阪神電車の駅に近く、周辺にはスーパー、個人商店、マンション、戸建て住宅などが混在する。私たちは2014年以来、この建物で空室が生じるたび、元の画一的なプランを、ひとつひとつが強い特色を持つ住戸へと改修してきた。今回はその4つめで、最終的には建物全体を、多様な住戸と事務所の集合体とする計画の一環である。対象住戸は最上階の端に位置し、一人で仕事をしながら住むことも可能な場所をつくることをめざした。目線を少し超える高さの壁で細長い2つの空間を仕切り、中央部分を回転可能とすることで、光の変化に富む、多様な使い方が可能な空間を創出した。

プロデューサー

大和船舶土地株式会社 鈴木祐一

ディレクター

神戸芸術工科大学 プロジェクトチーム(足立明日香、花田佳明、川北健雄)+COCCA(今津修平、北川浩明)

デザイナー

神戸芸術工科大学 プロジェクトチーム(足立明日香、花田佳明、川北健雄)+COCCA(今津修平、北川浩明)

足立明日香、花田佳明、川北健雄、今津修平、北川浩明

詳細情報

https://www.daiwasenpaku.co.jp/belltree

利用開始
2018年9月
販売地域

日本国内向け

設置場所

神戸市兵庫区水木通8-1-24

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

都市における多様なライフスタイルの場を、住戸内の光の分布状態をデザインすることによって創出する試み

背景

今回の改修は、神戸芸術工科大学の3年生の実習課題の最優秀案を実現したものである。これは、学生たちへの教育的効果に加えて、若者の自由な発想によって、従来の常識にとらわれないデザインの可能性を探ることをねらいとしたものである。課題出題時には、立地条件と市場の動向を踏まえて、1人ないし2人の住人のための賃貸住居を設計するように指示した。また、周辺の状況を観察した上で、そこに住むことを選択するであろう借り手のライフスタイルを具体的に設定するように指導した。なお、事業として成立させるための条件として、約500万円の工事費用に収まる案とすることも、意識させるようにした。結果として、シンプルな構成でありつつ、空間の現れ方が多様に変化するこの案が、最優秀案として選定された。

デザイナーの想い

学生によるデザイン案を実現するにあたって、事業主と教員チームは、課題設定の時点から、実現可能性について綿密な打ち合わせを行い、設計にあたっての諸条件を整理した。改修対象が位置する地域の特性、事業採算性に基づく条件、対象住戸が含まれる建物全体の将来像等を設計前に明示して、それらの条件と目的が満たされるようにデザインの指導にあたった。実施案の決定後は、実習の非常勤講師として指導にあたった建築家自身が、実施設計を引き受けて詳細を決定し、施工中は施工業者も参加して、学生を含む設計チーム全員の議論を通して、必要な調整を行った。 デザインによって社会的課題を解決するためには、異なる責任主体間のチームワークが重要であり、このようなデザインプロセスそのものも、多様なデザインを生み出すために不可欠な手法であると考えている。

仕様

鉄筋コンクリート造地上5階建ビル(1階事務所、2階〜5階住宅)内の1住戸(5階部分)のリノベーション

どこで購入できるか、
どこで見られるか

神戸市兵庫区水木通8丁目1-24
大和船舶土地株式会社
神戸芸術工科大学 環境デザイン学科
株式会社MuFF

審査委員の評価

賃貸マンションの改修として非常にユニークである。たった1枚の斜めの壁を住戸内に挿入することで、まったく雰囲気の異なる部屋を作り出している。壁の質感もユニークで高さも絶妙だ。壁の中央部が回転することで、多様な使い方が出来るようになっているのも面白い。ワンルームマンションの可能性を広げる提案として、高く評価出来る。

担当審査委員| 仲 俊治   小見 康夫   手塚 由比   栃澤 麻利  

ページトップへ