GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
分譲テラスハウス [ラテラッセ大手町]
事業主体名
神東地所株式会社
分類
小規模集合住宅
受賞企業
神東地所株式会社 (兵庫県)
株式会社キューブ (兵庫県)
受賞番号
18G100894
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ラテラッセ大手町は、マンション、戸建住宅それぞれの持っている長所を組み合わせ短所を補完した、入居者の為の、全く新しいタイプの持続可能な分譲テラスハウス。住戸毎の独立性を確保、区分所有法を活用することで従来の分譲テラスハウスが持っていた問題を解消、以下の特徴を持つ今までのテラスハウスにない住環境を実現。 ①安心のセキュリティ:エントランスにオートロック設置 ②エレベーター設置:敷地内の高低差間移動もバリアフリー ③各戸専用掘込式屋内駐車場 ④各住戸に専用庭:住戸毎に外部の空間と直接接続 ⑤居住者だけが利用できるパティオ:外部侵入者や車から遮断された家族同士のコミュニティースペース、子供達の遊び場

プロデューサー

神東地所株式会社 横田範弘

ディレクター

神東地所株式会社 横田範弘+株式会社キューブ 天宅毅

デザイナー

株式会社キューブ 天宅玲子

株式会社キューブ 天宅玲子

詳細情報

http://www.cube-3.co.jp/works/laterasse_otecho.htm

利用開始
2018年4月26日
価格

41,800,000 ~ 45,800,000円

販売地域

日本国内向け

設置場所

神戸市須磨区大手町

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

マンション、戸建住宅それぞれの持っている長所を組み合わせた、全く新しいタイプの分譲テラスハウス。

背景

従来の日本の分譲テラスハウスが持っていた問題は大きく3つ。①構造耐久性が低い。②隣接住戸間の遮音性能が低く、住戸の独立性が不十分。③テラスハウスが戸建てイメージを装って販売(住戸毎に土地を分筆、建物を戸建登記⇒中古融資がつかず中古流動性が著しく低下)。 これらの問題を解消するためにラテラッセ大手町では次のように対応。①長期耐久性を持つ構造を採用。②住戸毎の独立性を確保(2枚壁を採用、1住戸単位で構造的に独立)。③長期利用に必要な維持管理運営(土地を共有、建物を区分所有登記し、管理規約を定めて管理組合で維持管理運営⇒区分所有法に基づく維持管理が可能となり、管理規約にて1住戸単位の更新ルールを決めておくことが可能⇒中古融資がつき、中古流動性有)。 以上の方法で従来の分譲テラスハウスが持つ問題の解消を図り、戸建では不可能な、集合住宅であるからこそ可能となる可能性を最大限活用する計画を行った。

デザイナーの想い

各住戸の構造は全て独立し、共用部も完全に縁を切っている。この事で、管理上の費用負担区分を明確にし、部分毎に更新できることで建物全体としての持続可能性を高めている。各住戸は分節化して雁行させることにより隣接住戸と接する部分を極力減らし、各住戸の開放性を出来る限り高めると共に、壁面や開口方向の組み合わせにより異なる住戸の開口部が近距離で向き合わないように配慮、各住戸の独立性と開放性を両立し、各住戸の居住性が最大化するように配慮している。二種類の外壁色を組み合わせることにより建物全体にリズム感を与え、全体としてのボリューム感を低減し、周辺地域の街並みに馴染ませ、周辺地域と一体となった良好な地域景観を生み出すように配慮している。住戸単位で更新する事が段階的に繰り返される事により、建物全体として超長期にわたって良好な状態に保たれ、いつまでも建築当初の良好な住環境が持続していく事を期待している。

仕様

敷地面積:1379.36㎡ 建築面積:646.35㎡ 延床面積:1099.97㎡ 構造・規模:木造2階建、一部鉄筋コンクリート造 住戸数:9戸 専有面積:100.88㎡~106.00㎡

どこで購入できるか、
どこで見られるか

神戸市須磨区大手町8丁目3-2
La Terrasse OTECHO

審査委員の評価

分譲のテラスハウスでありながら、共有の壁を2重にすることで各住戸別々に建て替えが可能となっているところが新しい。居住者だけの中庭を囲む構成になっていて、安全を確保しながらコミュニティーを育めそうな場を作っている。マンションの利便性と戸建の独立性と両方を享受出来るテラスハウスが実現されているのは評価に値する。

担当審査委員| 仲 俊治   小見 康夫   手塚 由比   栃澤 麻利  

ページトップへ