GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅 [開杭の家]
事業主体名
中尾
分類
戸建て住宅
受賞企業
一級建築士事務所 ケンソウアーキテクツ (大阪府)
受賞番号
18G100841
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

おおらかなゼロエネルギー(ZEH) 住宅

プロデューサー

一級建築士事務所 ケンソウアーキテクツ 代表 犬走 哲

ディレクター

一級建築士事務所 ケンソウアーキテクツ 代表 犬走 哲

デザイナー

一級建築士事務所 ケンソウアーキテクツ 代表 犬走 哲

犬走顔写真

詳細情報

http://kenso-ad.jp

利用開始
2016年4月
設置場所

大阪府豊中市

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

環境をコントロールするためのデザインを持ったゼロエネルギー住宅です。

背景

ゼロエネルギー住宅(ZEH)とは高断熱と高効率設備により省エネルギーに努め、太陽光発電などによりエネルギーを創ることで、1年間で消費するエネルギー量が正味で概ねゼロ以下となる住宅のことです。我が国では「2020年までに標準的な新築住宅でZEHの実現を目指す。」とする政策目標を設定しています。しかし、現在の一般的なゼロエネ住宅は数値達成の為(空間の分節閉鎖化、形態の制約、高性能設備の導入等)によって数値的性能の向上と引き換えにデザインが画一化、住空間としての心地よさ・魅力も失われがちで一般的にはまだまだ定着していない状況です。省エネ住宅のあり方を再考察し、形態の工夫により風や光を利用した魅力のある空間を持つゼロエネルギー住宅を作りたいと考えました。

デザイナーの想い

原点に立ち返り建築場所の環境特性を紐解き、デザインにそれらを反映させながら計画を進めました。 建物構成のシンボルとなっているトンネルのような大きな開口は四季を通した太陽光の動きから形が決定されています。 内部では伸びやかな吹き抜け空間から柔らかい光を導くと同時に高低差を利用した重力換気による空気の流れをうみだしています。2016 年度のネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業(ZEH) 認定を取得しながらも、閉鎖的な箱を高性能な設備でコントロールするのではなく、数値化できない不確定要素や余白を取り込みながら自然との折り合いを住まい手とともに考え、補助的に設備機器を利用する。人の動きを視野に入れたやわらかで魅力的なゼロエネルギー住宅を目指しました。

仕様

敷地面積:162.04m2、建築面積:69.35m2、延床面積:127.00m2、主体構造:木造軸組工法 2階建  2016 年度ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業(ZEH) 認定

どこで購入できるか、
どこで見られるか

開杭の家

審査委員の評価

ZEH住宅は数値目標の達成に主眼が置かれ、デザイン性や住まいとしての快適性に乏しいものが多いが、この住宅は従前のイメージを覆す、魅力的なものとなっている。環境性能向上のためにファサード側に設けられた「ヴォイド」と名付けられた吹抜けの軒下空間は、日射を制御するだけでなく、室内と室外をゆるやかにつなぐ緩衝空間となっており、プライバシーを保ちつつ、外に開くことができる住宅が実現されている。また室内に設けられた吹抜けにより、効果的な重力換気を促しつつ、上下階の視線や気配をつないでいる。デザイン性、居住性に優れたZEH住宅の先進事例として、高く評価したい。

担当審査委員| 仲 俊治   小見 康夫   手塚 由比   栃澤 麻利  

ページトップへ