GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
木材超耐久処理 [ボロンdeガード®]
事業主体名
日本ボレイト株式会社
分類
住宅用建材・建具
受賞企業
日本ボレイト株式会社 (東京都)
受賞番号
18G060537
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

人と住まいのいのちを「やさしく、つよく、いつまでも」守る、木材の超耐久処理。自然素材のホウ酸を高濃度で木部に処理する技術開発により、揮発成分がなく無臭無色で空気を汚さずに、過敏体質の方や赤ちゃん、ペットなどには安全を保ったまま、カビ菌による健康被害、耐震性を損なうシロアリ被害や木材の腐れなどを防ぐ永続的な効果を発揮し、害虫に対しては成分に耐性を持たれることもないため安易な再処理の必要がなく、維持コストを抑えることができる、人と環境に寄り添った木材耐久化処理です。

プロデューサー

日本ボレイト株式会社 淺葉健介

ディレクター

日本ボレイト株式会社 荒川民雄

デザイナー

日本ボレイト株式会社 淺葉健介

日本ボレイト株式会社 代表取締役 淺葉健介

詳細情報

https://borate.jp/bdg/

発売
2009年5月1日
価格

2,500 ~ 3,500円 (価格は新築の平米当たりの施工設計単価(税抜き)。保証手数料は別途。※既存住宅の場合は事前に見積・調査が必要です。)

販売地域

日本国内向け

設置場所

全国最寄りの認定施工店(全国101店(2018 年10月現在 )、取扱工務店 、販売代理店

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

人と住まいのいのちを「やさしく・つよく・いつまでも」守る。(人には安全に、適正な効果で、末永く持続)

背景

国内の木造住宅に使われる従来の防腐防蟻剤の大半は、EUで自然環境への影響から規制されたネオニコチノイド系の合成殺虫剤であり、人への健康被害も消費者庁に多く上がっており、特に乳幼児や子供への安全性が大いに懸念され、合わせて成分の効果持続が最大5年のため再処理が前提で、なおかつ再処理時は施工箇所も限られるため木材を劣化原因に晒すことによる耐震性の低下と度重なる再処理費用も大きな負担となります。 日本の木造住宅の寿命は30年と欧米諸国に比べて極端に短く、建物を維持する色々な要素のうち防腐防蟻の観点から、欧米で一般的なホウ酸処理に倣い、木造住宅の長寿命化を目指し、日本風土(例えば雨が多く地震が多い。ホウ酸は雨に弱い)に適し、2020年に義務化とされる気密性の高い高断熱住宅にも対応できる屋内の空気を汚さないもの、これらの人と環境への安全性と木材耐久の永続効果の両立を課題として企画開発しました。

デザイナーの想い

国民の重要な財産である木造住宅の長寿命化と、住まい手の健康とを両立させながら実現させる方法を作りたかった。

仕様

自然素材(ホウ酸塩鉱物)を主原料とする水溶液・粉体(ダスティング™)・固体(ボレイトスティック™)・シーリング材(ボレイトシール®)に加工した薬剤を、高濃度で建物木部に処理をします。標準処理から建物上部までの全棟処理も追加選択でき、居住中の施工も可能です。施工時間は半日〜。万が一に備え、長期シロアリ保証や外来種アメリカカンザイシロアリ特約も利用できます。日本木材保存協会認定取得済(A-5431)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日本ボレイト株式会社もしくは最寄りの認定施工店 (全国101店。2018 年5月現在 )・採用工務店
日本ボレイト株式会社ホームページ

審査委員の評価

気密性の高い高断熱住宅においても、防腐防蟻に有効なホウ酸を高濃度に処理することが出来る。その効果や安全性を担保するため、同社責任施工で保証期間も長く、近年増えつつある蟻の外来種への対策としても建物全棟へ容易で安価に施工出来る点が優れている。また同社製品「ボレイトシール」との併用で、さらに高い防蟻効果を得られる点も評価したい。

担当審査委員| 橋田 規子   寺田 尚樹   二俣 公一   安西 葉子   Dino Fabriant  

ページトップへ