GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
スマートフォン [BASIO3]
事業主体名
KDDI株式会社
分類
カメラ・携帯電話・タブレット
受賞企業
京セラ株式会社 (京都府)
受賞番号
18G050376
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「BASIO3」は、はじめての方でも安心なシニア向けスマートフォンです。 スマホに興味は持っているが「何をすればいいか分からない、自分ひとりでは使えないのではないか」と漠然とした不安を抱いている方は少なくありません。一方、使いやすさに対する安心感は欲しいものの、お年寄り向けのデザインに対して抵抗を感じる方もいます。 本端末は、開けるだけでカメラが起動するフラットレンズカバー、安心で便利な「電話、ホーム、メール」のハードキー、NFCを利用したトラブル診断カードなど、直感的に操作できる工夫を盛り込みながら、いかにも「シニア向け」とならないよう、使いやすさへの配慮とデザイン性の両立を目指しました。

プロデューサー

KDDI株式会社

ディレクター

京セラ株式会社 通信機器事業本部 デザインセンター 北村和生

デザイナー

京セラ株式会社 通信機器事業本部 デザインセンター

詳細情報

https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/kyv43/

発売
2018年1月19日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

直感的に操作できる工夫を盛り込みながら、こだわりあるシニア世代に相応しい上質なデザインを追求。

背景

シニアの方々にヒアリングすると、スマートフォンには強い興味と期待をもっていて、「大きな画面で見やすそう」「カメラを使いたい」「地図を使いたい」と、様々な機能にもチャレンジしてみたいと思っていることが分かりました。しかしその一方で、自分たちよりも先にフィーチャーフォンから機種変更した人達が、うまく使いこなせていないことも目の当たりにしています。「スマートフォンって難しいらしい」と漠然とした不安を持っており、それがスマートフォンの購入をためらわせていました。また、もうひとつ特徴的だったのは、使い勝手のみを重視した、お年寄り向けと感じてしまうデザインには抵抗があるということです。 今、シニア世代に求められているのは、単純な安心感だけではないということに気付かされました。

デザイナーの想い

「BASIO3」は、これまで培ったノウハウを生かしながら発展させ、これなら使えそう、使ってみたいと思える商品を目指しました。昨今のシニア層は、気持ちも非常に若々しく、たくさんの良いモノを知っている方々です。使いやすさに対する配慮と同時に、こだわりのあるシニア世代に相応しい上質な佇まいを心がけました。特に、フラットレンズカバーは最も注力した部分です。通常、構造的に分厚くなってしまいますが、設計部門と綿密に連携をとりながら改良を繰り返し、便利でかつ洗練されたフォルムを実現することができました。カバーの大きさや、スライドする際の感触、開閉音にも気を配り、丁寧に作りこんでいます。多くのシニアの方が、スマートフォンに興味を抱いておられますが、この商品が、その新しい一歩を踏み出すきっかけになれたら幸いです。そして、はじめての方でもスマートフォンの楽しさや便利さを存分に感じてもらいたいと思っています。

仕様

約71×144×9.9mm  約150g

どこで購入できるか、
どこで見られるか

auショップ、家電量販店等

審査委員の評価

スマホを持つ上で、最もよく使う機能だと思われる、カメラに対し、大型のスライドスイッチを開けるだけでカメラが起動するというユーザーインターフェースは評価に値する。一般的な Androidスマホがソフトウェアキーになっていくなか、3つのハードウェアキーを残し、シニアにも使い易いように配慮している点は好感が持てる。メニュー画面も解りやすいデザイン、構成になっている点も評価した。

担当審査委員| 片岡 哲   石川 俊祐   石川 温   櫛 勝彦   林 千晶   De Liu  

ページトップへ