GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
おしぼり冷温庫 [REION]
事業主体名
FSX株式会社
分類
その他キッチン・家電製品
受賞企業
FSX株式会社 (東京都)
受賞番号
18G040331
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

どのような空間にも置けるシンプルな佇まいのおしぼり冷温庫です。一つにまとめられた操作系、モジュール化されたサイズ展開や、従来製品にはなかった色展開などにより、飲食店だけではなく医療現場やオフィスやご家庭など、新しいおもてなしとして”おしぼり”の利用シーンの提案へと繋がります。 空気の流れで温度をコントロールする特許技術「エアー・サーキュレーションテクノロジー」により、これまでの2倍以上の冷却/最大3倍の加温速度と、さらに積算消費電力は最大40%削減の環境に優しい省電力化により、デザインと機能の大幅な進化を実現した、新しいおもてなしのかたちです。

プロデューサー

FSX株式会社 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 藤波克之

ディレクター

宮島商会代表 宮島章

デザイナー

RKDS代表 小関隆一

小関 隆一氏

詳細情報

http://www.reion.jp/

Lサイズ:2018年4月18日発売 Sサイズ:2018年秋発売予定
2018年4月
価格

100,000 ~ 130,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

様々な空間に馴染みやすく利用範囲を広げる、おもてなしを具現化したおしぼり冷温庫。

背景

従来の冷温庫の多くはレンタルおしぼりの付属品として無償提供される位置づけであり、市場のどの製品も基本的に似た構造で故障も多く修理不能、外観や操作性も含めたデザインにも配慮に欠け、改良・改善に取組む動きもなく、飲食店の目立たないところに置かれ、なかなか進歩が見られない状況でした。 人を笑顔にできる「おしぼり」や、それにまつわる「おもてなしの文化」の背景を考えた上で、現状を打破し従来のおしぼりやおしぼり業界へのイメージを更新させる必要性を強く感じ、おしぼり本来の価値を引き出し最大限のおもてなしを提供できる冷温性能とメンテナンス性、そしてデザイン性を兼ね備えた、私たちが心から欲しいと思える冷温庫を独自開発することしました。デザイン設計から組み立てまでを日本製にこだわり、”日本のおしぼり文化”を世界へも発信できる、信頼性の高い製品を目指しましています。

デザイナーの想い

既存のおしぼり冷温庫はデザインにおいてほぼ手付かずの状態であったにも関わらず、飲食店を始め多くの場面で目にすることも多く、業界、企業、製品それぞれにおいて広義でデザインが必要とされるものであると強く感じました。 「手にすると嬉しいし、さりげない心遣いまでも嬉しくなる」という、おもてなし文化の象徴のようなおしぼりを収納するものとして、一体どのようなものがふさわしいのかを考えたときに、やはりおしぼりのような「一歩引いたような、主張をしない佇まいと安心感」のような入れ物がふさわしいのではないかと考えました。硬すぎず柔らかすぎず、周囲に馴染みつつも人が触れることをスムーズ受け入れるような形状と、直感的な操作感、サイズと色の展開も含め、場面に応じた佇まいと使い勝手を心得たものを目指しました。

仕様

(Lサイズ)本体寸法:W450mm×D382mm×H373mm、本体重量:約9.5kg、消費電力:COLD/125W、LOW・HIGH/140W、容量:18L、カラー:ホワイト・ブラック (Sサイズ)本体寸法:W225mm×D382mm×H373mm、本体重量:約6.2kg、消費電力:COLD/63W、LOW・HIGH/70W、容量:8L、カラー:ホワイト・ブラック

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日本最大級のおしぼり通販サイト イーシザイ・マーケット
日本最大級のおしぼり通販サイト イーシザイ・マーケット

審査委員の評価

従来しっかりとデザインされたプロダクトが少ない中で、シンプルで重厚感のあるデザインを実現している点が評価された。モジュール化され統一されたデザイン、使用シーンを踏まえて設計された水受けなども使用されるシーンの拡大(オフィスやネイルサロンでも使いうる)に寄与しうる。形が機能を説明しているといったコメントもあった。またサブスクリプション型のビジネスモデルを検討中という試みも評価の対象となった。

担当審査委員| 鈴木 元   井上 裕太   玉井 美由紀   渡辺 弘明   Alex Terzariol   Byung-wook Chin  

ページトップへ