GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
カラーラップ [食品包装用ラップフィルム]
事業主体名
日立化成株式会社
分類
キッチン用品
受賞企業
日立化成株式会社 (東京都)
MARU (東京都)
受賞番号
18G040258
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

主に主婦など食卓の中心にいる人々に向けて開発した、家庭用の色付き食品包装用ラップフィルム。キッチンにかかせないラップに色を付けることによって、単なる保存用商品ではなく、お客様が自ら楽しくより安全に使えるように商品開発した。ピンク、ブルー、イエローの3色のラップにより、お弁当やサンドイッチ、おにぎり、デザートなどのラッピングや、食材を保存する際の賞味期限や、制限食やアレルギー代替食の色分け、季節の変化に応じた飾り付けなど、従来の透明ラップフィルムにはない新しい使い方が可能になる。

プロデューサー

日立化成株式会社 営業本部 グローバル市場戦略統括部 社会インフラ部 食品包装フィルムグループ 船木泰志

ディレクター

MARU 杉山紘一

デザイナー

MARU 遠藤美奈子

詳細情報

http://www.hitachi-chem.co.jp/barbapapa/

発売
2018年4月27日
価格

350 ~ 450円 (450円はメーカー希望小売価格(税別))

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

カラーで食卓を楽しく包むラップ

背景

現代の新たな消費行動として、単なる消費でなく体験することや共有することに新たな喜びを見出す傾向が定着してきている中、食においては消費する際の安全・安心・美味しさに加え、彩り=色彩が大切な要素となっている。2013年、当社は青色ラップを発売したが、食品の色としては少ない「青色」を採用することで、食品へ万が一ラップ片が混入しても発見しやすくなった。これによりホテルやレストランなどの外食産業の安全・安心の声に応えることができた。そこで今回は色彩の別の観点に着目し、色分けによる利便性や、ラッピングのように食材を包むことにより、日常の食卓に新しい習慣を提案したいと考えた。色分けしやすいベースカラー3色の食品保存ラップという新しい実用品として、皆様に長く愛用していただければと考えている。

デザイナーの想い

色があることによってラップの使い方のアイデアが広がり、生活を楽しく彩っていくイメージをイラストで表現し、ロゴを正面に大きく配置して登場感と信頼感を高めた。カラーラインナップがはっきりとわかるように全面にラップのイメージカラーを用いている。パッケージをキッチンに並べておきたくなるように表面に出る情報は必要最低限に抑え、注意書きなどは記号やイラストを交えてより分かりやすくした。色付きのラップの登場で日々の生活がより彩り豊かになることを願っている。

仕様

幅22cm×長さ50m 個装寸法 幅23.6cm 奥行4.3cm 高さ4.3cm 重量 171g 素材 塩化ビニル樹脂

どこで購入できるか、
どこで見られるか

2018年5月現在、輸入雑貨店PLAZAで先行発売中。
カラーラップ公式サイト

審査委員の評価

ラップに色をつけるという、ありそうでなかったアイデア。いつの料理かを色で分ける、アレルギー対応の皿を明確にするなど様々な新しい使い方が生まれる可能性が感じられた。また、子供が喜んで使うシーンも頭に浮かび、料理や家事をするきっかけづくりにも活躍しそう。鮮度が見えづらくなるのではないか、また食べ物が美味しくみえないと感じる人もいるのではないかといった議論もあったが、新しいシーンを生み出す可能性が評価された。

担当審査委員| 鈴木 元   井上 裕太   玉井 美由紀   渡辺 弘明   Alex Terzariol   Byung-wook Chin  

ページトップへ