GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
水切りかご [余白 水切りシリーズ]
事業主体名
和平フレイズ株式会社
分類
キッチン用品
受賞企業
和平フレイズMS株式会社 (新潟県)
受賞番号
18G040250
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

プラスチックの水切りケースと、その中に収納されたワイヤーバスケットの二重構造の水切りかごです。収納時のコンパクトさと展開時の大容量さを兼ね備えた日本の狭小キッチンに適した構造です。 「掃除のしにくさ」は水切りかごの最も強い不満ですが、つけおき洗いが可能なので、家事の負担を軽減することができます。清潔感のあるBOX形状で蓋もついているため、生活感が出にくく、トレンドの「魅せるキッチン」とも好相性です。

プロデューサー

和平フレイズ株式会社 代表取締役社長 林田雅彦

ディレクター

和平フレイズ株式会社 マーケティング本部 武下真樹

デザイナー

和平フレイズ株式会社 マーケティング本部 平野義典

詳細情報

https://www.wahei.co.jp/

発売
2018年9月15日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

コンパクトにまとまる大容量水切りセット。  キッチンに出ていても生活感がなく、恥ずかしくない。

背景

●キッチン用品の不満は固定化されています。 コンパクトで軽量、お手軽簡単に使える、汚れにくく洗いやすい。 これらのニーズを元に開発された商品はたくさんありますが、必要以上にキラキラとしたバラエティ雑貨になってしまっています。●家事が効率化されることに「手抜き」といった後ろめたい思いを背負わなくて済むような必然性と上質な存在感が必要だと考えました。● 余白シリーズは、「暮らしの余白 わたしの在り処」をコンセプトとした新しいプロダクトシリーズです。● 簡単便利・省スペースをコンセプトとしていますが、それは「手抜き」のためではありません。 空いた時間、空いた空間で家事よりも大切なことをしてほしい。という願いが込められています。

デザイナーの想い

●メーカーに陥りがちな、「プラスチック製 or ワイヤー製」という製造的な区別ではなく、ユーザーの使い勝手を考え抜いたところに、二重構造のアイデアがありました。便利さを維持しながら、「お手軽!簡単!」といった軽いイメージを如何に消すかを考えました。● 意匠は、シンプルで空間に溶け込む無個性な印象と、高価格帯にふさわしい上品さを両立させました。●プラスチックケース単体やワイヤーバスケット単体でも、商品として成り立つ展開性を考慮しました。

仕様

材質/ ABS、PP、ステンレス綱(粉体塗装)、シリコン  商品サイズ/約393×238×148mm  重量/約2200g 箱 原産国/日本(バスケットは中国)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の調理雑貨の売り場
和平フレイズ 公式コーポレートサイト

審査委員の評価

キッチン周りの実用品は使い勝手とデザインが合致するものが少なかったが、ここ数年で住空間スタイルが変化し、キッチンのインテリア化など今までデザインを気にしなかった部分にも意識が向くようになってきた。そんな中でこの水切りカゴはどんなキッチンにも合わせる事が出来るシンプルなデザインながら、細かい処理に気を配った形状とよく考えられた機能のバランスがよい。清潔感ある白だけでなく、ニュートラルなグレーとトレンド感あるグリーンなどカラー展開があるのもとても良く、多様化するユーザーの嗜好に合っている。

担当審査委員| 鈴木 元   井上 裕太   玉井 美由紀   渡辺 弘明   Alex Terzariol   Byung-wook Chin  

ページトップへ