GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
土鍋 [best pot]
事業主体名
株式会社MOLATURA
分類
キッチン用品
受賞企業
株式会MOLATURA (三重県)
受賞番号
18G040240
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

●コンセプト 手間をかけずに特別な食卓を。 手軽に無水・余熱調理ができる鍋 ●特徴 1、 陶製のボディは細かい火加減が不要で扱いやすい。 2、 質の高い無水機能を実現する金属蓋。 3、 金属蓋と陶製ボディを共に切削する事で隙間なく密封性が高い鍋を実現。

プロデューサー

山添卓也

ディレクター

稲波伸行

デザイナー

岡田心

詳細情報

https://www.bestpot.jp/

発売
2018年4月

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

逃さないデザイン(加熱、余熱、旨味、想い)

背景

高度な切削技術を活かし、通常では実現しづらい、陶器と鋳鉄という異素材をそれぞれ切削し組み合わせるというチャレンジから生まれたデザイン。

デザイナーの想い

日本の職人と技術が執念で可能とした鍋。加熱の熱を逃さず鍋側面まで伝える2重構造と、その熱を逃さない蓋と鍋との機密性がbest potのポイントであるが、それぞれ通常では難しい提案を、日本の技術がチャレンジを繰り返し可能としたmade in JAPANの意地の鍋。

仕様

●16cmサイズ:寸法 21cm×16cm×13.5cm  重量 2.1㎏  容量 1.3ℓ材質(鍋)萬古焼 (蓋)鋳物ホーロー加工 ●20cmサイズ:寸法 24㎝×20㎝×14.5㎝ 重量 3.3㎏ 容量 2.1ℓ 材質 (鍋)萬古焼 (蓋)鋳物ホーロー加工

どこで購入できるか、
どこで見られるか

インターネット・名古屋高島屋・新宿伊勢丹(予定)・近鉄四日市(予定)
best pot ホームページ

審査委員の評価

羽釜の二重構造を生かしつつ、鋳鉄の蓋と陶器の土鍋とを独自の切削技術によりぴったりと合わせた気密性により手軽な無水・予熱調理のための土鍋を実現している。特に鋳鉄と陶器の質感を生かした白色と黒色については素晴らしいバランス。その他のカラーバリエーションについて素材を生かしきれていないのではという議論もあったが、技術力をしっかりと商品の特性にまで落とし込んだ取り組み全体のパワーも踏まえ、高い技術力とシンプルなデザインの融合が評価された。

担当審査委員| 鈴木 元   井上 裕太   玉井 美由紀   渡辺 弘明   Alex Terzariol   Byung-wook Chin  

ページトップへ