GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

受賞対象名
トート・バッグ [ボート・アンド・トート・バッグ]
事業主体名
L.L.Bean インターナショナル
分類
装身具
受賞企業
エル・エル・ビーン インターナショナル (東京都)
受賞番号
17L000004
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

・1944年の発売当時と同じ厚手の24オンスキャンバス地を使用 ・本体サイドの布を縫い合わせている部分は、丈夫なナイロン糸を使用したダブルステッチ ・本体ボトム部分は布を2重にして更に丈夫に ・現在も米国・メイン州の自社工場でひとつひとつ手作りしている ・ハンドルとボトムの色やイニシャル刺繍(有料)などで個性が出せる

プロデューサー

L.L.Bean

L.L.Bean

詳細情報

http://www.llbean.co.jp

発売
1944年9月
価格

5,900 ~ 9,900円 (税別/発売当初の価格: 3ドル)

販売地域

国外市場向け

設置場所

アメリカ、日本、イタリア、カナダ、オーストラリア 他

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

丈夫で耐久性に優れたシンプルなデザイン。キャンバス地に、コントラストカラーのハンドルとボトム。

背景

1944年、電気冷蔵庫の無かった時代に、貯氷庫に入れる氷を運ぶための道具として丈夫なキャンバス地を使って作られたのがきっかけ。発売時のカタログでは「Bean’s Ice Carrier (ビーンズ・アイス・キャリア:直訳では氷を運ぶバッグ)」として紹介されている。24オンスのキャンバス地を使用した理由は、氷が溶けてもすぐに水が染み出る素材ではなかったから。当時のカタログではこのバッグを使用して暖炉の薪を運んだり、ホームガーデンの野菜を運ぶなどの用途も紹介されていた。丈夫で重い荷物もしっかりと運べるようにオーバーラップ部分は、縫い目が劣化したり、ほころんだりすることのない、ナイロン糸のダブル・ステッチで補強されたデザインとなっている。

デザイナーの想い

現在トートバッグといえばL.L.Beanと世界的にも認知されるまでになったボート・アンド・トート・バッグは、1944年電気冷蔵庫が無かった時代に食材を冷やすための氷を運ぶ「Bean’s Ice Carrier (ビーンズ・アイス・キャリア」として発売されたものでした。生活をより快適にするためにつくられた商品が、歳月を経ても変わらず愛され、またその用途が多種多様に広がって、ファッションアイテムとしてもビジネスシーンでも多くの人々に永く使っていただけるようになったのはブランドとしてとても誇らしく嬉しいことです。ボート・アンド・トート・バッグは、L.L.Beanのブランドを象徴するアイコン的商品です。デザイン、仕様などは発売当初から大きく変えていませんが、ハンドル、ボトムの生地のカラーバリエーションやイニシャル刺繍などは選択肢が増え、現在も進化をし続けていて、いつまでも新鮮さを失わない商品です。

仕様

スモール H27 x W24 x D13cm 容量 8L 重さ 425g ミディアム H30 x W33 x D15cm 容量 16L 重さ 539g ラージ H38 x W43 xD19cm 容量 34L 重さ 709g エキストラ・ラージ H43 x W48 x D25cm 容量 54L 重さ 936g 丈夫な24オンスコットン・キャンバス製。オープン・トップとジップ・トップの2種。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

L.L.Bean公式通販サイト、直営店舗

審査委員の評価

トートバッグと言えば誰もが思い浮かべるのがこの形。バッグ市場にはあらゆるタイプのトートバッグが提案されているが、機能性を第一に考案されたこのバッグは、時を経てもそのデザインと素材でトートバッグの基本形となっている。もともとの実用性を大事にしながら、ファッションの分野でこのバッグを定着させたのが、アメリカのこのアウトドアー・ブランドであることにも納得がいく。

担当審査委員| 柴田 文江   齋藤 峰明   永井 一史   福光 松太郎  

ページトップへ