GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
中学校 [陸前高田市立高田東中学校]
事業主体名
岩手県陸前高田市
分類
公共用の建築・施設
受賞企業
株式会社SALHAUS (東京都)
受賞番号
17G121079
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

陸前高田市立高田東中学校は、東日本大震災にて被災した3つの中学校を統合した新校舎です。学校機能の充実に加え、被災した住民の「地域の居場所」になる建築です。学校づくりのプロセスでは生徒や教員、地域住民と幾度ものワークショップを開催し、様々な希望や意見を受け入れながら設計・施工を進めました。図書室や多目的ホールをアクセスの良い大きなエントランスに配置することで、地域に開きやすい平面計画とし、いろんな場所で生徒の生き生きとした活動と広田湾が同時に感じられる校舎です。周囲の山並みに寄り添うような、カテナリー状の木の屋根並みは、復興のシンボルとして長く地域に親しまれ続けることを願っています。

デザイナー

株式会社SALHAUS 日野雅司+栃澤麻利+安原幹

左より、安原幹、栃澤麻利、日野雅司

詳細情報

http://www.edu.city.rikuzentakata.iwate.jp/higashi-c/index.html

利用開始
2016年11月14日
販売地域

日本国内向け

設置場所

岩手県陸前高田市

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

災害復興のシンボルとして、地域とともにつくりあげた「居場所」になる中学校。

背景

【計画のスピードと住民参加の両立】 災害の復興計画ではまず計画・建設のスピードが要求されるため、地域や施設の将来像を住民とともに議論しながらつくり上げるというプロセスを、どのように実現するかということが、計画内容と同じくらい重要になります。本計画では設計プロポーザルの段階から、生徒や地域住民が招待され、意見を言う機会が設けられるなど、少ない時間の中でも学校や地域が参加できるように配慮されました。設計プロセスにおいては、利用者が完成した空間をイメージしやすいように、教室の実物大模型を作成し、ボランティア大学生たちによる模擬授業を行うなど、体験型ワークショップを行いました。また施工期間にも、上棟式や見学会などを行い、積極的な情報発信を行いました。こういったプロセスは、中学生や教員、地域住民の計画内容に対する理解を深めるだけでなく、震災復興への期待感を醸成する機会となりました。

デザイナーの想い

①地域が参加する中学校として、エントランス空間を大きく設け、図書室や多目的ホールなど地域開放が想定される諸室を配置しました。またセキュリティを考慮して、職員室をエントランスが見やすい位置に配置しました。 ②将来の地域利用の拡大を想定し、特別教室はアクセスしやすい2階に設け、常開戸により様々なセキュリティラインの設定を可能にしました。 ③教室は多目的なオープンスペースやロッカースペース、教師のための教材室とセットにすることで、開放性と機能性を両立させた平面計画としました。 ④大屋根を木の架構とした他、RC造と鉄骨造を組み合わせたハイブリッドな構造形式としました。各材料を適材適所に用い、各材料のメリットを生かした構造計画としました。 ⑤周囲の段々畑の風景に調和するように、細かくレベル差を設けたひな壇上の外構計画とし、また校舎もその段差を利用した2層構成としました。

仕様

公立中学校/地上3階/RC造一部鉄骨造+木造/敷地面積34693.51m2/建築面積5811.37m2/延床面積7328.58m2

どこで購入できるか、
どこで見られるか

岩手県陸前高田市米崎町字和方130番地1

審査委員の評価

東日本大震災にて被災した3つの中学を統合、高台へと移転した中学校。大きな造成をすることなく、斜面地を活かし、雛壇状のフロアに大きな屋根をかけた立体的で開放的な空間となっている。学校建築として極めて高い質を実現していること。図書館、多目的ホールをエントランスに近い部分に、さらに調理実習室などの施設も同じフロアに設け、周辺住民も利用できる地域に開いた施設としていること。さらには、上記二つを満たしつつも災害時の避難拠点としても機能するようにデザインされていること。この3つをデザインの力によって高いレベルで統合している。また、そのプロセスにおいても、住民とのワークショップを繰り返し、その成果を机上で終わらせることなく、見事にデザインに反映させている点などが高く評価された。

担当審査委員| 五十嵐 太郎   浅子 佳英   遠山 正道   星野 裕司   安田 幸一  

ページトップへ