GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スポーツ練習施設 [新豊洲Brilliaランニングスタジアム]
事業主体名
東京建物株式会社+太陽工業株式会社+東京ガス用地開発株式会社
分類
公共用の建築・施設
受賞企業
東京建物株式会社 (東京都)
太陽工業株式会社 (東京都)
東京ガス用地開発株式会社 (東京都)
有限会社E.P.A環境変換装置建築研究所 (東京都)
受賞番号
17G121060
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

あらゆる人を受け入れ、協働し、喜びを共にする。誰もがスポーツやアートを楽しむことができる、新しいスタイルのスポーツ練習施設。 全天候型60m陸上トラックに、トップパラリンピア育成支援の拠点として競技用義足の研究施設を併設する傍ら、ランニングをテーマに地域コミュニティを形成する機能や、障がいの有無を超えたアートパフォーマンスの活動拠点としての機能も備える。 全長108m・半径8.1mのトンネル状大空間は、空気層を持つETFEフィルム二重構造のエアフレームと、ユニット化した国産カラマツ集成材にてアーチ形状を構成し、仮設・簡易建築での木造の普及促進につながる建築システムを提案している。

プロデューサー

東京建物株式会社 代表取締役専務執行役員住宅事業本部長 柴山久雄+東京ガス用地開発株式会社 代表取締役社長 土方教久

ディレクター

太陽工業株式会社 マク・ライティング・オフィス  名波紳二

デザイナー

有限会社E.P.A 環境変換装置建築研究所 武松幸治

詳細情報

http://running-stadium.tokyo/

利用開始
2016年12月
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都江東区豊洲6丁目4番2号

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

より多くの人々が集い、さらには障がいの有無を超え、一体感を生み出し、喜びを共にする場の創造

背景

「誰もがスポーツやアートを楽しめる場をつくりたい」。このような想いから本計画はスタートした。「あらゆる人」を対象とし、障がいの有無といった垣根を超え、より多くの人々を迎え入れる。そして、一体感を生み出し、喜びを共にすることで、ハードだけではなくソフト(=心)のバリアフリーを目指している。 また、本件の位置する江東区豊洲地域は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催により、国際的な発信も期待される地である。実際に目にし、体験できるこの施設で、本当の意味でのバリアフリーを、世界的にも発信できると考えた。

デザイナーの想い

パラリンピアのトレーニング施設、そして、ランニングの聖地を構築するために60mのランニングトラックが必須なため、建築デザインとして長いフォルムが想定された。限られた工期と予算を考慮し部材のユニット化が必要と考え、ETFEフィルムを二層構造にして、内部に空気を送りこみ、梁を使わず2mのスパンを空気圧のみで飛ばし、部材の軽減と軽量化を図った。ETFE を固定する屋根の主要構造部は環境配慮の観点から木製フレームを採用。最小限の構造部材と接合部の検討を重ね、木製のフレームを湾曲加工することで課題を解決している。湾曲部材の加工に関しても専用の曲げ機を使用するのではなく、家具を作る様に、特殊な治具を作り、通常のプレス機で一度に4本の部材を加工できる方法を考案、製造期間の短縮も実現した。課題を克服した結果のデザインであり、様々な方にこの空間を体感頂き、新たなイノベーションの始まりを感じて頂ければと思う。

仕様

全天候型の60m×6レーンの陸上トラックを備えるスポーツ練習施設(競技用義足研究施設 ・ランニングステーションを併設)/〔敷地面積〕4,845.69㎡、〔建築面積〕1,746.32㎡ /曲げ成型によるカラマツ集成材、及び光を透過するETFE(エチレン-テトラフルオロエチレン共重合体)による高機能フッ素樹脂フィルムにより全長108m・高さ8.5m・幅16.27mの大空間を構成

どこで購入できるか、
どこで見られるか

新豊洲Brilliaランニングスタジアム 東京都江東区豊洲6丁目4番2号
Brilliaランニングスタジアム公式HP

審査委員の評価

直線のランニングコースというこれ以上ないシンプルな用途ながら、一目で印象付け、高揚感すら同時に呼び起こす「構造体」。 構造という機能が、印象の機能を持ち合わせたとき、価値という置き所が重層的に立ち現れる。 これっぽっちも走ることに興味のない筆者が、構造の力によって「走ってみたい」と思わせるのは、並の力ではない。 屋根という建築が、人の行動を誘っている。

担当審査委員| 五十嵐 太郎   浅子 佳英   遠山 正道   星野 裕司   安田 幸一  

ページトップへ