GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
介護付き有料老人ホーム [ガーデンテラス尾山台]
事業主体名
シマダアセットパートナーズ株式会社
分類
その他住宅・住空間
受賞企業
シマダアセットパートナーズ株式会社 (東京都)
受賞番号
17G100988
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

尾山台の閑静な住宅街に、地域交流スペースをもつ高齢者の住まいを計画した。敷地は緑豊かな土地であったため、閉ざされた施設としてではなく、以前の緑地のように周辺環境と共存していくことが出来る住まいを提供したいと考えた。1階の地域交流スペースは、入居者だけでなく近隣住民に開放可能であり、2階から上階は北側の緑地や丘陵地に広がる住宅街の眺望を積極的に取り込む計画とし、ニーズに柔軟な対応が出来る多様なプランを配置している。1階の南北にそれぞれテラスを設け、屋上にはガーデニングができるスペースを配置し、入居者が積極的に外部環境に触れる機会が多くなる計画としている。

プロデューサー

シマダアセットパートナーズ株式会社 代表取締役 島田成年

ディレクター

シマダリビングパートナーズ株式会社 代表取締役 三田 武

デザイナー

シマダアセットパートナーズ株式会社 副部長 須藤 潤

詳細情報

http://www.hibari-kaigo.jp/equipment/oyamadai/

利用開始
2017年3月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都世田谷区

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

「和ごころ」をコンセプトに、日本らしさと外部環境を積極的に取り入れる住まいとした。

背景

建築が新しい価値を持ちうるためには、設備や機能性だけではなく、周辺環境への貢献とその場所の個性をいかに見出すことが必要であると考える。高齢者の住まいであるガーデンテラス尾山台も同様、入居者や介護する側に配慮した建物内部の作りこみだけでなく、外部環境をいかに取り入れ、近隣住民たちと一体となって高齢者を見守っていく住まいとして計画することが望ましい。風致地区であることで、建蔽率が抑えられた環境に対し、南北にテラスを設けたことや、内部にも近隣住民の居場所を確保していること、また眺望のよい北側に積極的に居室を配置したり、屋上にも開放的な外部空間を提供していることで、豊かな高齢者の住まいとして入居者や近隣住民に提供できると考えている。

デザイナーの想い

以前の敷地は緑豊かな環境があった。その環境を残しつつ、高齢者の住まいとしていかに外部環境を取り込みながら計画ができないかを考えた。入居者にとっていわば終の棲家である環境の中で、充実した生活を送ることができるのは、介護スタッフと近隣住民の協力、外部環境を積極的に取り込むアプローチある。ガーデンテラス尾山台では地域とのふれあいをもとに、四季に応じた多数のレクリエーションをはじめ、入居者一人一人の個性を尊重した生活が送れるよう期待している。

仕様

介護付き有料老人ホーム。 鉄筋コンクリート造・地上5階建て、延床面積2259.29㎡。 住戸は15.55~17.94㎡の44戸をはじめ2人入居にも対応したツイン27.73~35.68㎡を揃えている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都世田谷区玉堤1-17-18
ガーデンテラス尾山台

審査委員の評価

周辺環境に対して開けた老人ホームが実現できている。1階に地域の人が交流するスペースもそなえ、見た目だけでなく実際に街に開いているところも良い。周辺の緑地の眺望を積極的に取り込めるように手すりもガラスになっているのでベッドから緑を見ることもできるのであろう。目立ったところは無いが、きちんとデザインされたプロジェクトであることを感じさせる。

担当審査委員| 手塚 由比   千葉 学   栃澤 麻利   Gary Chang   Shu-Chang Kung  

ページトップへ