GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
植込み型心臓モニタ [Reveal LINQ™ 植込み型心臓モニタ]
事業主体名
日本メドトロニック株式会社
分類
医療用の機器・設備
受賞企業
日本メドトロニック株式会社 (東京都)
受賞番号
17G080812
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Reveal LINQは原因不明の失神や脳梗塞が心臓の病気に由来するものかどうかを医師が判断する手助けとなる植込み型心臓モニタです。従来の「植え込む(インプラント)」イメージの手術を変え、体内に「挿入する(インサーション)」するというコンセプトで開発されました。挿入時の手技が簡略化され、より患者さんの負担が少ない低侵襲な植込みが可能です。また、1.2cc、2.5gの小型化(弊社従来製品と比べて体積比87%)を実現しながらも、データ蓄積量を20%増加させ、本体に蓄積された心電図のデータを遠隔から送信するモニタリング機能も搭載しており、より早く患者さんの心臓の異常を主治医に伝えることができます。

プロデューサー

メドトロニック

ディレクター

メドトロニック

デザイナー

メドトロニック

詳細情報

https://shisshin.jp/

発売
2016年9月
価格

443,000円 (保険償還価格、2017年4月時点)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

Small, Simple, Remote and Precise

背景

患者さんの負担を軽減し、長期間に渡り継続して診断や治療を受けることができるよう、心臓ペースメーカなどの心臓植込み型デバイスの小型化、長期間の電池寿命を目指し、長年製品開発を行ってまいりました。それらの研究開発の経緯を経て、Reveal LINQは1.2cc、2.5gという手の平にのるほどのスティック状の小さな診断用機器として誕生しました。機能を向上させながらも小型化を目指し、よりシンプルで直感的な専用ツールを開発、患者さんの負担を減らすための手技の簡略化を実現しています。より負担の少ない機器によるモニタリングにより、今まで検出できなかった病気の原因を特定することが可能となり、より有効で安全な治療につながることを期待しています。

デザイナーの想い

近年、新たな研究により、脳梗塞の患者さんにおける心房細動の検出に、植込み型心臓モニタによる長期間のモニタリングが有効であることが明らかになりました。これは要介護1位の原因ともなる脳梗塞再発予防に役立つことが期待されます。何よりも、原因が特定されずに不安な生活を送られている患者さんにとって大きなメリットとなると信じています。多くの患者さんに心臓モニタリングの検査を受けていただき、原因を特定し、必要な治療を受けていただきたいということが私たちの願いです。そのためには、「原因は特定したいが、医療機器を体内に入れることが不安だ」という患者さんの心理的な壁を低くし、検査機器をより小型化することでの低侵襲を実現することが、私たち医療機器を提供する企業として取り組まなくてはならない挑戦の一つと考えています。

仕様

容積 1.2cc、寸法 44.8 x 7.2 x 4.0mm、質量 2.5g±0.5、電極間距離 37. mm、主な材質 リチウム一フッ化炭素

どこで購入できるか、
どこで見られるか

循環器疾患を対象とし、ペースメーカ治療を行う病院

審査委員の評価

87%小型化により、「心臓モニターは埋め込むもの」という通念を払拭し、挿入という簡略化に成功している。切開用ツール、挿入ツールの開発により、手技時間が短縮されただけでなく、切開の大きさを最小限にできたことで、術後の見た目を向上させた。遠隔で医師が患者をモニタリングすることが可能になったことで、通院が不要になり、医師と患者の双方の負担軽減を実現している。最先端で洗練されたデザインに仕上がっている。

担当審査委員| 田子 學   安次富 隆   重野 貴   村上 存  

ページトップへ