GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
リノベーション住宅のオンラインマーケット [カウカモ]
事業主体名
株式会社ツクルバ
分類
ソフトウェア・サービス・システム/インターフェイス
受賞企業
株式会社ツクルバ (東京都)
受賞番号
16G131091
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

cowcamoは、東京の厳選したリノベーション住宅をweb上で紹介し、購入・売却に関する不動産のマッチングを促進するサービスである。従来の不動産メディアのような数字で表せる定量的な情報だけではなく、デザインに関する売り主のこだわりや周辺エリアの魅力など、スペックだけでは語り尽くせない定性的な情報も伝えることで、「一点ものの住まいとの出会い」を提供している。

プロデューサー

株式会社ツクルバ

デザイナー

柴田紘之、中村圭佐、谷拓樹

柴田紘之・谷拓樹・中村圭佐

詳細情報

https://cowcamo.jp/

利用開始
2015年1月
販売地域

日本国内向け

仕様

デジタルコンテンツにつき明記できる仕様無し

受賞対象の詳細

背景

高度経済成長の時代には画一的な「理想の住まい」として新築マンションが多く供給された。そして成熟期に入った日本では、大量供給されてきたマンションの有効活用が社会的な課題となっているが、これらはリノベーションによって新しい価値を付加されることで、現代の住まいとして流通していく可能性を秘めている。築年数を越えた評価軸で物件の魅力を伝え、リノベーション住宅の流通を促進する枠組みが求められている。

デザインコンセプト

リノベーション住宅の魅力を伝え、「一点もの」の住まいとの出会いを提供する。

企画・開発の意義

高度経済成長時代に供給されたマンションを有効活用することが都市の住環境における社会的な課題となってきている。そのような中古マンションはリノベーションにより新しい価値が付加されることで、現代の住まいとして流通する可能性がある。そこでcowcamoでは、リノベーション住宅の流通を促進し、今後の住まい文化において新築・中古以外の選択肢として、リノベーション住宅を位置づけることを目的としている。

創意工夫

リノベーション物件のスペックだけでは表現できない魅力を伝えるために、丁寧に取材・撮影し、売り主のこだわりや、その物件があるまちでの暮らしの提案を含めて記事にしている。ユーザーは会員登録し、「こだわり」と「エリア」のシンプルな条件設定をすることで、条件に合う物件の新着・更新情報が通知される。物件記事のページでは、物件情報のサマリー、周辺環境を含めた取材記事、間取り・概要、写真ギャラリーの中から、ほしい情報にすぐにアクセスが可能。クオリティの高い写真、スマホと連動させた360度内見動画の導入など、物件を内覧したかのような体験を目指している。また、スマホに特化したUIとし、情報の通知から閲覧、問合せまで、ストレスなく物件とマッチングできる工夫をしている。

デザイナーの想い

「一点もの」の住宅の中から自分の理想に出会うためには、スペックに加えて、デザインのこだわりやその街の表情等、それぞれの住まいの魅力を伝えることが大切である。スマホファーストのUIデザインとし、SNSから物件記事への流入を想定した情報設計や、会員化によってユーザーが保存した検索条件をもとに物件のマッチングを行うなど、ストレスなく物件と出会えるよう、不動産情報とユーザーの接点を徹底的にデザインした。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

https://cowcamo.jp/
cowcamo
cowcamo MAGAZINE

審査委員の評価

とかく無機質もしくは通り一遍になりがちな不動産物件の情報にユーザー視点の温度を付与することで多種多様な物件に対する注意を高めるというアイデアをデザイン・アウェアに実現している点が高く評価された。他社先行例が、ワケあり物件を魅力的に魅せていることに対して、カウカモではリノベ物件を厳選してキュレーションするという点で異なっている。このように機械的に測定・表現できない情報に価値を与えて流通させるという潮流は不動産に限らず、今後の情報過多社会においてますます重要となるだろう。

担当審査委員| 鹿野 護   石戸 奈々子   ドミニク・チェン   マシュー・フォレスト  

ページトップへ