GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
お弁当の販売スタイル / デザイン [DELICIOUS SUPPLEMENT (デリ・サプリ)]
事業主体名
東日本旅客鉄道株式会社
分類
ソフトウェア・サービス・システム/インターフェイス
受賞企業
ビーコンコミュニケーションズ株式会社 (東京都)
東日本旅客鉄道株式会社 (東京都)
株式会社横浜ステーシヨンビル (神奈川県)
株式会社鈴木松風堂 (京都府)
慶應義塾大学 小川克彦研究室 (神奈川県)
受賞番号
16G131077
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「DELICIOUS SUPPLEMENT (デリ・サプリ)」は、簡単な診断で、その日その時、あなたに一番最適なお弁当を栄養の観点から処方する、全く新しいお弁当サービスです。LINEで送られてくる質問に答えると、臨床心理士・管理栄養士の指導のもと開発したアルゴリズムで、あなたが今食べるべき栄養がとれるお惣菜のおすすめメニューが処方されます。組み合わせは、222万通り以上。カプセル型のお弁当箱に、おすすめメニューの中から好きなお惣菜を詰めるだけで、あなただけのデリ・サプリの完成です。

プロデューサー

ビーコンコミュニケーションズ株式会社 兼田麻衣+東日本旅客鉄道株式会社 立石貴己、日高洋祐、野崎真希+株式会社横浜ステーシヨンビル 荒川亨、餅田訓章、渡部和也

ディレクター

ビーコンコミュニケーションズ株式会社 柿並俊介、鈴木美保子、沖智則、吉野仙太郎、高橋航之介、ジョンキング+株式会社鈴木松風堂 舘栄次

デザイナー

ビーコンコミュニケーションズ株式会社 大泉淳、峰岸正臣、桑原昭弘郎、高道裕子、小長谷久子、白瀬直+慶應義塾大学 小川克彦研究室

詳細情報

http://www.cial.co.jp/deli-suppl/

次回販売調整中
2016年7月15日
価格

600 ~ 1,200円 (ユーザーが選定するメニューにより、購入価格は変動します。)

販売地域

日本国内向け

設置場所

CIAL桜木町

仕様

LINEを活用したユーザーとの対話型カウンセリングで、ユーザーが今摂るべき栄養素を診断し、店舗の垣根を超えて、最適なメニューを提案する新しいお弁当販売スタイル。提案されたメニューは、実際に駅ビルの惣菜コーナーでカプセル型の容器に入れて、購入可能。

受賞対象の詳細

背景

現代人の食生活は、好きなものだけ偏って食べてしまったり、カロリーばかり気にして必要な栄養素が摂取できていなかったりと課題が山積みです。そこで、駅ビルのお惣菜コーナーから現代人の食生活を改善できないか、と考えました。多様な栄養素の中からユーザーに最も合った組み合わせを導き出すために、単独の店舗ではなく、店舗の垣根を越えて1つのお弁当を作る仕組みを開発することとなりました。

デザインコンセプト

今日のあなたに最適な栄養を、今日のあなたに最適なおいしさで食べられるセレクトスタイル弁当。

企画・開発の意義

「仕事続きで、リフレッシュしたい。」「午後は会議で、しゃきっとしたい。」「大事なデート前、自信をつけたい。」毎日コンディションが違うから、食べるべきものだって、違って当たりまえだと思います。今、自分に必要な栄養素を診断し、食材を組み合わせて摂る。そんな嬉しい食生活を、お弁当という手軽な形で実現します。

創意工夫

コンディション診断を手軽に楽しく行ってもらうために、診断にはLINEのキーワード応答機能を使っています。診断結果が「疲れで塞ぎ込んでいる」状態であれば、活性酵素を除去して疲労を回復するリコピンを摂れるトマト料理をおすすめするなど、臨床心理学と管理栄養学を組み合わせて、メニュー処方のアルゴリズムを組み立てました。処方するお弁当の効能は、Sharp(集中力があがる)、Pure(心がさわやかになる)、Positive(自信がもてる)、Kind(やさしい気持ちになれる)の4つで、4色のカラーを印象的に活用することで、購入時のナビゲーションとしての機能をもたせています。専門家と開発したアルゴリズムに基づいているので、アカデミックな信頼感を担保しながらも、選ぶ楽しさ、食べる美味しさを直感的に感じてもらえるようなトーンで体験全体をデザインしました。

デザイナーの想い

おいしさを我慢することなく、今必要な栄養をしっかり摂れるというコンセプトを、サプリメントをイメージしたお弁当箱デザインで表現しました。それぞれの効能をイメージしたパターンを配置しています。このパッケージを体験のコアに置き、診断・処方を行うこれまでにないユニークなお弁当の価値を作りたいと考えました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

CIAL桜木町
CIAL桜木町

審査委員の評価

今までも心の診断アプリはあるが、それを食事と組み合わせているのが新しい。心の状態を診断するだけでなく、気持ちや体調に合わせた解決法を用意し、ユーザーの感情を動かす点がポイント。食材が持っている自然の力を活かした対処方法が、理想のエクスペリエンスが生んでいる。また、パッケージデザインやコピーライティングを含むブランディングまでデザインが行き届いていて、洗練されている。店舗がさらに広がっていくことを期待したい。

担当審査委員| 鹿野 護   石戸 奈々子   ドミニク・チェン   マシュー・フォレスト  

ページトップへ