GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
東松山農産物直売所 [いなほてらす]
事業主体名
埼玉中央農業協同組合
分類
公共用の建築・施設
受賞企業
ビーツーエーアーキテクツ株式会社 (千葉県)
受賞番号
16G110917
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

農協が運営する農産物直売所の建て替えを自治体が支援して、フードコートや広場を併設した複合交流施設とする計画。地場産の木材を使用し、全てを同じ規格寸法の材で作る事を提案しました。材料の弱さを克服するために架構を工夫しなければならないのですが、出来るだけ単純なルールとして、関係者に説明しながら設計を進めたのが特徴です。主要な大空間と裏方などのゾーニング、出入口や間仕切壁,棚や掲示板などの配置、あるいは空調,消防設備,サイン計画まで、それはそれぞれの要件を個別に定着し続けるようなプロセスでした。開店から半年が経過した現在では更に多くのものごとが絡まり合うように存在しています。

プロデューサー

利根川洋治

ディレクター

青木隆夫

デザイナー

馬場兼伸+江泉光哲+金井直

協働した設計者達(一部)、中央が馬場、右端が江泉、右から2番目が金井。

詳細情報

http://www.ja-sc.or.jp/higashi-matsuyama/

利用開始
2015年11月13日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

埼玉県東松山市下青鳥714-1

仕様

主要用途 物品販売業・飲食店・事務所 敷地面積 10,933.95 m2 建築面積 1,278.86 m2 延床面積 998.76 m2 階数 地上2階 構造 木造(地場産材を使用)

受賞対象の詳細

背景

戦後の復興期に大量に植林された日本の森林は、輸入自由化などの影響で林業が立ち行かず荒れています。建築家としては、広く知られているこの問題を唯一無二の建築として表現してみたいと思いますが、直接的にそれを目指すのではなく、ある種のコミュニケーションツールとして利用することで、関係者を巻き込み、同時に情報量の多い設計に繋げることができるのではないかと考えていました。

デザインコンセプト

地場産木材の架構をプラットフォームとして様々な他者を受け入れながら全体性を失わない建築をつくること。

企画・開発の意義

設計過程で様々な意見を取り入れる参加型のプロセスを、地場産木材という具体的で不自由なモノを介して提示しました。様々な水準の、時には相互に相容れないような要望や要件もそれが仲立ちとなって同居する事が出来るのではないかと考えました。1つの価値観に収束するのではなく多様な他者が並存する場所だけれどその集まりが象徴的に立ち現れる事を目指しました。これは希薄な地域性の中で文脈を再構築する試みでもあります。

創意工夫

木の架構をほどよい制約となるように調整し、ルール化しました。具体的には、柱のスパン(距離)に応じて形式があって、頬杖、重ね透かし梁、トラスという順番で対応します。様々な要望や制約によって柱や壁の位置が変化すると、架構も連動して空間性が変わるというわけです。その際、どのようになっても壊れない、全体性が事後的に生まれるように、材径と斜材の角度を統一しています。大屋根のトラスも同様の45度で、3つが立ち上がって外観に現れています。K型の筋交いは目線の高さで開いていくので、たくさん立っていますが見通しをあまり遮りません。一つ一つは素朴なのですが、それらを過去にない規模で集めた建物だったため、構造設計者、施工者はもちろん森林組合やプレカット工場などとも協働し、構造実験を経て実現しました。

デザイナーの想い

様々な物事にプロセスやエビデンスの公開が求められています。このことがデザインの要件として無視できないのは間違いないのですが、それを実りのあるものとする為には、一方で共通言語や情報の縮減といった、閉じたりまとめたりする考え方が必要だと思います。情報や概念に対して物質が有限であることは、示唆的なのではないでしょうか。このプロジェクトには、そういった意味でジャンルを超えた普遍性を感じています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

〒355-0075 東松山市下青鳥714-1
B2Aのウェブサイト
東松山農産物直売所のウェブサイト

審査委員の評価

印象的な屋根や架構が大変美しい。とてもシンプルな木造建築なのにそれだけで活発で楽しげな市場が生み出されている。周辺環境に閉じるのではなく、開放することで地域に密着し、新しい交流が生まれている。

担当審査委員| 山梨 知彦   千葉 学   中村 拓志   星野 裕司   Lee Siang Tai  

ページトップへ