GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
自転車用うしろカゴ [RB-019]
事業主体名
オージーケー技研株式会社
分類
移動用機器・設備
受賞企業
オージーケー技研株式会社 (大阪府)
受賞番号
16G070594
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

近年増加しているチャイルドシートが一体となった自転車の為のバスケット。天面からみて後方にシェイプさせ、背面に角度を付け、更に運転者の腰に当たらない様に正面部分を斜めにカットする事で自転車の為の形状を追求。さらに車体のチャイルドシートはボリュームが有る為、バスケットは面構成にしバランスを取り、尚且つ従来品を上回る強度を確保。樹脂性ですのでサビもなく長く使え、荷物も傷つかないのが利点です。

デザイナー

坂口裕哉

発売予定
2016年6月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

長く使える事、強度とデザインの耐久性をコンセプトにしました。

背景

自転車店で販売されているカゴは、荷物を乗せる最低限の機能しか持ち合わせていない安価な物が大半を占める。そのため、自転車カゴを購入する際にユーザーは価格と積載容量でバスケットを選んでいた。そのため従来バスケットは工業的なものが多くそれを付ける事は生活感が溢れ出ていた。又、それらのカゴは直ぐに劣化が見られる。自転車にカゴを付けることを懸念しているお客様を満足させたいと想い、開発に着手した。

デザイナーの想い

安くて大きいだけがカゴの魅力ではなく、毎日お子様の荷物や買い物した食材を入れるカゴが自分が満足して選んだモノだときっと楽しいはずです。自転車が転倒しても、長時間の紫外線や雨に曝されても丈夫な道具を使う喜びも感じて欲しいです。

企画・開発の意義

一昔前までは、自転車中心の移動には生活感溢れるイメージが有りました。しかし、近年では電動自転車の普及に伴いそれも一つのスタイルとして定着してきました。一方で車体に付けるカゴについては、年齢・性別・生活スタイルなどで分ける事は無く、中高年向けに一つ纏めにされていた。このカゴを通じて、幼稚園の送迎や買い物で移動という楽しみを感じていただきたいです。

創意工夫

樹脂製品は「チープで壊れやすそう」と言うイメージがあります、それを払拭する為に淵に向け肉厚にグラデーションしています。実強度を確保するだけでなく視覚的な安心感を感じる工夫を施しました。それにより持った瞬間に「意外に軽い」と言われるお客様も多く居られました。又、チープなイメージを無くす為に、樹脂流動後(ウェルド)をなるべく出さず塗装面の様なイメージを持たせたいと考え、底面のリブや段差について研究を重ね試作を繰り返しました。

仕様

製品寸法/高さ:240mm 幅:320mm 奥行き:490mm 製品重量:約990g 材質/本体:ポリプロピレン 取りつけステー・ネジ類:鉄

どこで購入できるか、
どこで見られるか

サイクルベースあさひ、イオンバイク、ヨドバシカメラ、他自転車店全般

審査委員の評価

金属ワイヤーのタイプ以外、ほとんど選択肢のなかった自転車後部用のバスケットに、樹脂製品で新たな選択肢を提案したことが評価される。また、単純な形状の樹脂製品はチープな印象になることも多いが、本製品は形状や肉厚などを検討したことで、シンプルでありながらしっかりとした質感を持ち、安っぽさを感じさせない。耐久性や荷物の保護、強度などの面で金属製品に対する優位性を得られていると同時に、自転車との一体感やファッション性も金属製に比べて向上している。

担当審査委員| 根津 孝太   伊藤 香織   岡崎 五朗   佐藤 弘喜   Juhyun Eune  

ページトップへ