GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
自動車用タイヤ [ミシュラン パイロット スポーツ フォー]
事業主体名
日本ミシュランタイヤ株式会社
分類
移動用機器・設備
受賞企業
日本ミシュランタイヤ株式会社 (東京都)
受賞番号
16G070572
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

MICHELIN PILOT SPORT 4 は高揚感が得られるようなダイナミックで直感的なドライビングを愉しみたいユーザーに向けた、新世代プレミアムスポーツタイヤです。 モータースポーツで培った技術を採用しており、サイドウォールには新モールド技術によってベルベット加工された、コントラストが鮮明な独創的デザインを実現しました。

ディレクター

ミシュラン(仏) インダストリアルデザイン部 マテュー・ヴァンダル

デザイナー

ミシュラン(仏) インダストリアルデザイン部 オリヴィエ・ロパー+日本ミシュランタイヤ株式会社 研究開発部 清井友広、野村昌由

詳細情報

http://www.michelin.co.jp/JP/ja/tires/products/pilot-sport-4.html#

発売
2016年3月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

Dynamic & Precision

背景

ダイナミックなドライビングを愉しみたいユーザーは、スポーツ性能はもちろん、外観の良さも重要視しています。 フォーミュラEの技術採用による高いスポーツ性能だけでなく、レースタイヤを応用した新トレッドパターンは、見た目にもスポーティな印象をうけます。加えてサイドウォールの「プレミアムタッチデザイン」により、洗練された外観を演出することでユーザーのニーズに応えています。

デザイナーの想い

感性に訴えかけ、高揚感をあたえることで使用者を奮い立たせ、コーナーへ確信を持って飛び込んでいけるようなデザインを提供することで、性能だけでなく、感情面でも頼れる相棒となり、使用後にこのタイヤを選んで良かったと思ってもらえるようなデザインを目指しました。また、このデザインはWRC、 フォーミュラEのモータースポーツの場でもその技術の高さが証明されています。

企画・開発の意義

これまでタイヤは消費財として、売り場で目立たせる事に主眼をおいてデザインされてきました。しかし、パイロットスポーツ4では、装着後最も露出するサイドウォール部にプレミアムタッチ技術を使用し精緻さを表現することで、トレッド部では、外側のブロックをより大きく見せダイナミックさを表現することで、装着された車のデザインと性能の両面を引き立て、購入後も愛着を持って使って頂けるタイヤの開発を目指しました。

創意工夫

性能を妥協することなく、使用者を高揚させるデザインを実現させることが最も大きなチャレンジでした。トレッド部では横溝の形状を従来の長方形を基にした形からナイフで切り裂いたような鋭い紡錘形にすることでDynamic & Precisionを表現しています。この形状により水を効率的に溝に導くことが可能となりウエット性能を向上させています。横溝に施されているチャンファーやセンターリブに施されている小さな切れ込みは、ブレーキ性能を向上させるために必要な形状ですが、その形状を工夫することで溝に個性を与え、横溝の形状と相まってトレッドバターンをプレミアムブランドに相応しい表情豊かなものにしています。サイドウォール部では、長方形のブランドロゴから新しい逆台形のロゴに変更することでダイナミックさを、プレミアムタッチ技術を使用しグラフィックの境界をシャープにすることで精緻さを表現しています。

仕様

2016年6月時点における日本国内展開サイズ数:14サイズ 代表サイズ:225/45ZR18 (外形:659mm、断面幅:225mm)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国のミシュランタイヤを扱う販売店で購入できます。技術情報など詳細は公式HPで見ることができます。
MICHELIN PILOT SPORT 4 製品詳細ページ
日本ミシュランタイヤ公式HP
ミシュランストア

審査委員の評価

世界を代表する高性能タイヤとして高い評価を得ているパイロット・スポーツの最新モデル。電気モーターで走るフォーミュラE用タイヤから技術フィードバックを受けている。高いグリップを実現するため溝の割合は少なく、かつ優れたコーナリング性能を実現するため外側部分のブロックは大きい。一方、雨天時の排水性は4本のストレートグルーブと、ナイフで切り裂いたような鋭い横溝によって確保。ひと目で高性能であることがわかるデザインだ。サイドウォール部には、タイヤのデザインに新たな表現を与える「プレミアムタッチ」を採用。ベルベットのような手触りをもつ微細な表面加工により、漆黒の背景にMICHELINのロゴを浮き上がらせた。

担当審査委員| 根津 孝太   伊藤 香織   岡崎 五朗   佐藤 弘喜   Juhyun Eune  

ページトップへ