GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
自動二輪車 [XSR900]
事業主体名
ヤマハ発動機株式会社
分類
移動用機器・設備
受賞企業
ヤマハ発動機株式会社 (静岡県)
受賞番号
16G070551
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

趣味の対象としてモーターサイクルを楽しむ文化が定着している先進国で、「伝統的」なスタイルを好む層に向けた製品。シンプル・レトロな外観と最先端技術による走行性能という新たなコンビネーションによって、所有する悦びと乗る楽しさを提供するモーターサイクル。

プロデューサー

ヤマハ発動機株式会社

ディレクター

ヤマハ発動機株式会社 デザイン本部 安田将啓

デザイナー

株式会社GKダイナミックス 猪瀬 聡

詳細情報

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/xsr900/

発売
2016年4月15日
価格

1,042,200円 (メーカー希望小売価格(税込))

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

シンプルで飾らず、流行とは一線を画したスタイリングをもち、色褪せない普遍的な魅力を感じさせること

背景

モーターサイクルを趣味の対象とする文化があり、楽しみ方や嗜好の多様化が進む先進国では近年、ネオ・レトロと呼ばれる伝統的なスタイルに最先端の技術を組み合わせたカテゴリーの人気が高まっている。また、「日常・市街地」と「休日・郊外のワインディングロード」の両方を楽しめることが製品選びの重要な要素となっている。XSR900はスタイルやファッション性を重視、色褪せない普遍的な魅力を求めるユーザーに向けた製品

デザイナーの想い

モノの所有に価値を置く人が減るなかで、「所有したい」と思ってもらえるものは何か?という問いかけを常に行い、以下を回答とした。 ・シンプルで本質的であること ・愛着の対象となり得ること ・人が作った温かみ、職人仕事が感じられること ・素材自体がもつ魅力(外観や手触り)をいかし、メカとしての美しさを表現すること ・懐かしさを感じさせる外観と調和させながら、乗る楽しみを最大化する最新技術を盛り込むこと

企画・開発の意義

最新技術を反映したスポーツモデル「MT-09」のエンジン・車体・ライダーサポート機能をベースにしたモーターサイクル本来の「走る楽しさ」の提供に加え、過去のモデルに通ずる普遍的な要素を外観・スタイリングに盛り込むことで、「ネオ・レトロ」なモーターサイクルを好む層にとって「理想的な組み合わせ」を提示。また、オーナーの深い愛着につながる各部の素材・質感の厳選とストーリー性で「所有する喜び」を高めること。

創意工夫

シンプルでありながら味わいのあるスタイリングを構成するために、形だけではなく素材感にもこだわっている。特にアルミの素材感を活かしたパーツを各部に採用。なかでも、アルミのヘアライン仕上げを施した燃料タンクカバーは職人の手仕事による研磨、量産製品でありながら一台ごとに異なる風合いをもたせている。また、伝統的なモーターサイクルがもつ外観イメージを再現するために外装部品を極力排し、他のカテゴリーのモーターサイクルでは見えないパーツも「外観」の一部となるため、ボルトの一つ一つの質感や素材など、細部に至るまで造り込みを行い、所有の喜びにつながるデザイン要素を盛り込んだ。

仕様

全長/全幅/全高:2,075mm/815mm/1,140mm 車両重量:195kg 水冷・4ストローク・直列 3気筒845cm3エンジン搭載

審査委員の評価

力強さと繊細さを併せもつ圧倒的な美しさに感銘を受けた。シンプル・レトロを謳うが、むしろオーセンティックという表現が相応しいだろう。職人の手作業によるヘアラインが入ったアルミ製燃料タンクカバーには作り手の魂を感じる。また、エンジンにはじまり、サスペンション、フレーム、小さなボルトにいたるすべての機能パーツに美意識がしっかりと反映されているのもオーセンティックな印象を生みだしている理由だ。オートバイという趣味性の高い乗り物と、研ぎ澄まされた工業製品の美しさはよく似合う。これほどの質感を約100万円で実現したコストパフォーマンスも高く評価した。

担当審査委員| 根津 孝太   伊藤 香織   岡崎 五朗   佐藤 弘喜   Juhyun Eune  

ページトップへ