GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ユニットバス用照明 [Panasonic ユニットバス照明 点・線・面 (ピンホールLED照明、フラットラインLED照明、フラットパネルLED照明)]
事業主体名
パナソニック株式会社
分類
住宅設備
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
16G060405
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

【照明器具のデザインではなくあかりのデザインへ】人は光によってはじめて物体を認識できる。また、光を受ける床・壁・天井により空間というものを認識し、それらの陰影によって空間全体の印象が決定付けられる。日本人が心地よいと感じる浴室を創造するために、日本人ならではの光に対する繊細な「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」という美意識をテーマにユニットバス照明「点・線・面」を開発した。従来の明るさ重視の浴室照明ではなく、陰影の豊かさを追求した照明空間をLED技術を駆使し実現した。

プロデューサー

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 ハウジングシステム事業部 水廻りシステムBU ビジネスユニット長 小早川 益律

ディレクター

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 デザインセンター 村元 達也

デザイナー

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 デザインセンター 近藤 高宣、岩佐 多基

詳細情報

http://sumai.panasonic.jp/bathroom/i-x/integral/inei/lighting.html

発売
2016年2月15日
販売地域

日本国内向け

仕様

対応ユニットバスサイズ 戸建住宅用:1623、1621、1818、1717、1618、1616、1317、1217、1216 集合住宅用:1620、1418、1416、1317、1218、1216、1116 ※点照明は後施工可能

受賞対象の詳細

背景

新設住宅着工が頭打ちの中、従来の供給者の都合による画一的な住宅設備ではなく、多様化した生活者のこだわりを実現できる住宅設備が求められていた。ユニットバス業界においては、各社商品が成熟化・画一化の印象が強く、照明器具も軽視される傾向があった。

デザインコンセプト

【陰翳礼讃】 均一に明るく照らすのではなく、陰翳を生かすことで日本独自のユニットバス空間を確立する。

企画・開発の意義

【あかりによるバス空間価値の最大化】集合住宅においては、外壁側への浴室窓は取れない場合がほとんどであり、閉鎖的な空間になりがちであった。また戸建住宅においても、空間価値の高い浴室=在来工法でしか実現できない、というのが一般的な認識であった。そこで、逆にユニットバスだからこそ可能な照明器具を開発することにより、工業化浴室の可能性を広く提示できると考えた。

創意工夫

【点】ピンホールダウンライト:ユニットバスの天井をノイズレスにするために、天井裏に照明器具の機構面を持っていき、ルーム内は発光部のみの構成とした。またハイパワーLEDを採用しスカラップ(光のエッジ)が美しく壁面に現れるように配光検討を行った。送り配線ができるので、後からの器具追加も可能。【線】フラットライン照明:天井に一筋のラインを作りながら浴室全体に最適な照度を与えるよう、アクリル製導光棒の両側面にLEDを配置。ルーム内は防水性を確保しながら、天井面とフラットな納まりにした。調光・調色機能によりシーン演出も可能。【面】フラットパネル照明:天窓のような開放感が実現できるよう、アクリル製導光板の表面にドット印刷を施し、側面からLED光を入れることにより均一な面発光を実現。ラインLED同様、朝のさわやかな入浴から夜の落ち着いた入浴までその時々のシーンにあった浴室空間を演出できるようにした。

デザイナーの想い

ユニットバスという狭く、施工制約がある空間をプラスに捉え、あかりによる豊かなバスライフを提供したかった。照明器具自体の外観意匠ではなく、「あかりとそれを受ける空間」のデザインを提案したいと考えた。

審査委員の評価

リラックスしたい場所でありながらも、グルーミングに代表される様々な作業も行われる浴室空間で、状況に応じた「調光・調色」が、計算された美しい光によって可能であることが高く評価された。また、ユニットバスだから可能なおさまり形状の工夫も素晴らしく、配光や拡散コントロール、壁に映る光のデザインなど、同社の分野をまたがった技術ノウハウが活かされている。浴室空間の過ごし方、ユニットバスの可能性を広げていくことが期待できるプロダクトである。

担当審査委員| 長町 志穂   鈴野 浩一   藤森 泰司   山本 秀夫   Eggarat Wongcharit  

ページトップへ