GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
枕 [ジムナスト コロン]
事業主体名
株式会社Kitamura Japan
分類
生活・日用品、雑貨
受賞企業
株式会社Kitamura Japan (愛知県)
受賞番号
16G030144
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

体調や精神的なことで、自分に合う枕の状態というものは毎日変わることがわかりました。購入時に測るオーダーメイドでは対応できない日々の「変化」に着目し、頭を枕に置く直前まで、簡単に調整ができる枕を作りました。ジムナストコロンは全ての中材がお手玉に包まれて入っており、量る手間も道具も必要ありません。また、内部は4つの支点で寝姿勢を支え、首、肩への負担を減らす構造になっています。このエリアでも中材を包むことで寝返りによる型崩れを抑え、頭や首を、どんな寝姿勢でも立体的に安定して支えます。枕本体も丸洗いができ、パーツごとの交換も可能ですので、いつまでも清潔に長くお使いいただけます。

プロデューサー

株式会社Kitamura Japan 北村圭介、大羽正隆

ディレクター

株式会社スタジオディテイルズ 服部友厚

デザイナー

株式会社スタジオディテイルズ 秀島康修

左から)北村圭介 秀島康修 服部友厚 大羽正隆

詳細情報

http://www.kabu-kitamura.com/colon/

発売
2016年2月26日
価格

15,000円

販売地域

日本国内向け

仕様

約D40cm✕W66cm

受賞対象の詳細

背景

枕が合わない。膨らみ続ける枕市場では、計測をして作るオーダー枕の需要が増えています。しかし接客をしていると、それでも合わないという声が後を絶ちません。約3年、様々なユーザーの声を聞き気付いた事、それは体調や精神の状態から寝具の状態まで、枕以外の環境は常に変化するという事です。店で一度の測定で作るのではなく、ユーザー自身が眠る瞬間の環境に合わせて調節でき、理想の寝姿勢を持続させる枕を開発しました。

デザインコンセプト

眠りにつく直前まで、自分で簡単に調節可能で、目が覚めるまで正しい寝姿勢をキープできる枕。

企画・開発の意義

現在の枕は「体型に合わせる」事を完成として追求しています。しかし体調や環境が変われば服も変わるように、枕も変化に対応できるべきだと考えました。正しい寝姿勢を保つための枕の外殻構造を崩さず、内部のみをいつでも変化させられる。高さの調整、素材の入替も簡単で直感的にできる構造です。それによってプロが手間をかけていた事を、自分自身で出来るようになり、どんな体調や環境でも心地よい眠りにつくことが可能です。

創意工夫

一番のポイントは、成形して固めるのではなく、細かい素材の特性を活かしたままスムーズに出し入れできる構造です。素材を小分けしたお手玉のような小さなまとまりを作る事でこれを実現しました。素材がこぼれないという副次的効果を活かした、伸縮性のあるポケット口は、ファスナーの開閉とは比較にならない程、快適です。さらに定量にしてしまうと細かい調整ができないという課題も、3種類の大きさのお手玉を組み合わせる事でクリアしています。枕本体は、過去に「寝返りは弧を描くように動く」という事を追求してつくった枕の形状をベースに再構築し、首への負担を減らすため、新たに「首を1点、後頭部を3点で支える」形状を考えました。

デザイナーの想い

機能を追求した無機質な「枕」ではなく、見た目からでも心地よく眠れそうな、「枕」である事、日本製の良さを感じられるような静かな佇まい、寝返りを促す曲線、縫い目の見えない構造等、全て機能性と関連させながら、見た目の美しさを追求。また頭を枕にのせた時に感じる心地よさを追求し、3層構造の側地素材の組み合わせを様々なパターンからセレクトしています。機能枕でありながら寝室に置いても違和感のないデザインです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

まくらのキタムラ公式オンラインストア

審査委員の評価

使い手の一人一人に合わせたオーダーメイドの枕は機能性の高いものではあるが、体調や精神的な日常の些細な変化に順応していくことは容易ではない。ちょっとした寝返りのしにくさや枕の高さが寝つきに大きく影響する。この製品は毎日変わる、体調や精神的な変化に合わせて高さや形状を調整できるという、誰もが思いつかなかったアイデアにイノベーションを感じる事ができる。丸洗いできるという衛生面でも高い評価を得た。

担当審査委員| 鈴木 元   柳原 照弘   池田 美奈子   小林 幹也   Pradyumna Vyas  

ページトップへ