GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
スマート歯ブラシ [ガムプレイ]
事業主体名
サンスター株式会社
分類
衛生・美容・健康用品/家庭用医療器具
受賞企業
サンスター株式会社 (大阪府)
PARTY (東京都)
受賞番号
16G020083
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

歯みがきを「やらなくちゃ」から「やりたい」へ。 歯周病予防に重要な、日ごろの歯みがきを「やらなくちゃ」から「やりたい」に変える、 新たなチャレンジとして開発いたしました。 楽しみながらキチンと歯みがきすることで、歯とお口が健康になり、 からだ全体が元気になる、全く新しい歯みがき体験を提案します。

プロデューサー

サンスター株式会社

ディレクター

サンスター株式会社+PARTY 伊藤直樹、田中潤、高野公寛、林重義、山中啓司、濱田小太郎、渡島健太+電通 橋口幸生

デザイナー

サンスター株式会社 高野秀城、PARTY 寺島圭佑、石塚美帆、1-10drive 森岡東洋志+1-10design 今村昌人+IMG SRC 上林新+Salvo 安藤英洋+Qosmo,Inc 徳井直生

詳細情報

http://gumplay.jp

発売
2016年4月18日
価格

5,000円 (税別)

販売地域

日本国内向け

仕様

寸法:φ32mm×高さ35mm、 重量:約15g(ハブラシ除く/コイン電池含む)、 スマートフォン対応OS:iOS8.0以上/Android4.4以上(Bluetooth4.0以降搭載機種)

受賞対象の詳細

背景

歯周病の予防には毎日の歯みがきが大切です。ところが、サンスターが実施した歯みがき行動実態調査によると、 一回の歯みがき時間が、推奨される3分より短い方が半数以上いるという結果がでました。歯みがきを楽しくすることで、3分以上歯をみがいてくれる人も増えるのではないか? という発想のもとG・U・MPLAYの開発をスタートしました。

デザインコンセプト

楽しみながら歯みがきすると、歯とお口が健康になり、からだ全体が元気になる、全く新しい歯みがき体験。

企画・開発の意義

日本人成人の8割が罹患しているといわれる歯周病は、全身疾患との相互関係が指摘されています。歯周病予防の為に、ケアしている方もいらっしゃいますが、「みがいている」と「みがけている」は異なります。G・U・M PLAYは、歯科衛生士のブラッシングをデータ化したことで、いつでも適切なみがき方を確認することができます。また、記録を遡ることで、自分では気付けない苦手な歯みがきエリア等を把握することもできます。

創意工夫

電動ハブラシではなく、いつものハブラシにアタッチメントをつけるだけで実現することで、充電の手間、コスト的なハードルがなく、手軽に体験することができます。また使わないときはハブラシスタンドとしてそのまま置いておけます。その日の気分や、使う人に合わせて、3つのアプリを開発しました。こども達が歯みがきを大好きになる「MOUTH MONSTER」ハブラシが楽器に変わる「MOUTH BAND」様々なニュースを読み上げる「MOUTH NEWS」各アプリには、正しくみがくと、楽しい演出が起こり、逆に、強くみがきすぎるとアラートが出る機能を加えています。また、3つのアプリ共通の機能として、歯科衛生士のブラッシングにどれだけ近いかをリアルタイムにビジュアル化し採点する「MOUTH CHECK」歯みがき中の動きや経過時間等のデータを、16エリアでそれぞれ記録・分析できる「MOUTH LOG」を開発しました。

デザイナーの想い

世界中で老若男女問わず、誰もが行う歯みがきという行為を、 楽しく、正しく行うことで、世界の健康に寄与することが出来ればと考えております。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

サンスターオンラインショップ、 二子玉川 蔦屋家電、 梅田 蔦屋書店、代官山 蔦屋書店
G・U・M PLAY

審査委員の評価

歯の健康を守りたい思いは万人に共通で、そのためには正しく歯を磨くことが必要ということは多くの人が理解している。しかし正しく磨けているかどうか、磨けていなければどうすれば良いのかを知ることは難しい。そういったジレンマに対して、アプリと連動した歯ブラシのシステム提案は比較的幅広い世代にとって受け入れやすく、話題性もある。自社製品だけでなく様々な歯ブラシへの汎用性もあり、今後の展開が楽しみな製品である。

担当審査委員| 濱田 芳治   佐々木 千穂   手槌 りか   松山 剛己  

ページトップへ