GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
靴 [ジョニー&ジェシー]
事業主体名
株式会社Jay Jay Japan
分類
装身具
受賞企業
株式会社Jay Jay Japan (兵庫県)
受賞番号
15G010045
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ジッパーによりアッパー(Johnny)とアウトソール(Jessy)が分離するInterchangeable(着せ替え可能) Shoes。 それぞれ別売りとなり、消費者は気に入ったアイテムを低価格で購入し、その日の気分やコーディネートに合わせて組み合わせを変更することが出来る。 また、一部のアッパーはpackable(収納可能)仕様やwashable(洗濯可能)仕様になっており、旅行やお出かけの際に綺麗な状態でコンパクトに持ち運ぶことが出来る。 ブランド名の通りユニセックスで展開し、"二人で一つ"なストーリーを靴で表現する。

プロデューサー

安藤 Jay Jay 友介

ディレクター

大谷企画

デザイナー

安藤 Jay Jay 友介

詳細情報

http://www.johnnyjessy.com

発売
2015年9月14日
価格

3,900 ~ 7,900円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

"spice to your life"(人生に少しのスパイスを)

背景

海外出張が多く、靴も服と同じ様に気軽に履き変えれたらをいう思いから開発を開始。また、前職の苦い経験から、得意先の市場動向ではなく自分の確固たるブランドとしてムーブメントを起こしたい気持ちが芽生えていた。独創性・合理性・永続性、そして唯一無二のブランドストーリーを織り込み、日本国内だけではなく世界中のJohnny & Jessy(老若男女)へ発信していきたい。

デザイナーの想い

ブランド名からJohnnyとJessyという男女をイメージし、彼らのストーリーを第一に描いた。 けして無機的に捉えず前後のストーリーと自分の憧れを擦り合わせ、胸ときめかせる色づけを施した。ブランドロゴもそんな彼らをイメージしたデザインを作成した。 二人の恋物語を靴になぞらえ、"二つでひとつ"を最大限に表現した。

企画・開発の意義

デザインが多様化する今日で顧客が必要としている物は、質の高いブランド性と品質だけではなく、その物に対する付加価値や面白みがある事が重要だと考えた。ジョニー&ジェシーで提案したいのは、ただの靴ではなく人間味を持たせ、愛着のある靴を提供する事。感性を豊かにし、日常のライフスタイルに良い刺激を与える事を目指す。

創意工夫

ありふれたユニークシューズにならない様に常に心がけ、デザイン性に注力した。 靴型の形、ファスナーの位置、インソールの形状、一足箱のデザイン、HPの構築など、ありとあらゆる部分にトレンドと機能性の両立を追求した。 何百と言う材料から仕様材料を選定し、何十回と緻密なファスナーの距離出しに作り直しを行った。packable(収納可能)=持ち運びを容易にする為に、内部の材質にも絶妙な仕様を施した。

仕様

寸法(サイズ):22.5cm〜29.0cm 寸法(一足箱):縦32cm×横22cm×高12cm 総重量:700g ジッパーでアッパーとアウトソールが分離し、好きなデザインを組み合わせる事ができるInterchangeable(着替え可能) Shoes

どこで購入できるか、
どこで見られるか

オリジナルウェブサイト
Johnny & Jessy
Johnny & Jessy -Official Web Store-

ページトップへ