GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スマポ [スマポ]
事業主体名
株式会社スポットライト
分類
個人用機器、家庭用機器のインタラクションデザイン
受賞企業
株式会社スポットライト (東京都)
受賞番号
13G121001
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

スマポは「ショッピングや街歩きをもっと楽しく!」を実現するスマートフォンアプリケーションです。従来の何かを購入する事で貯まるポイントカードなどとは異なり、ユーザーはお店に行くだけで、ポイントや景品など様々な特典を貰うことができますので、より積極的にリアルな店舗へ足を運びます。ネットショッピングの台頭により失われがちな、素敵なショップや商品との出会い、店員さんとのコミュニケーションなど、街歩きやショッピングが本来持つ「リアルな購買体験の魅力」を高度なテクノロジーとの融合により増幅し、促進するサービスです。

プロデューサー

株式会社スポットライト 代表取締役 柴田陽

ディレクター

藤原 由翼

デザイナー

株式会社スポットライト デザイナー 猪爪 雄

詳細情報

http://www.smapo.jp/index.html

利用開始
2011年9月
価格

0円 (無料アプリケーション)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

UXデザインやUCDプロセスなどのノウハウを活用し、ショップとユーザーのニーズ及び課題を深く理解した上で最適解を導きだし、ユーザーにストレスを感じさせないシンプルでエモーショナルなUIを実現しています。ユーザーはお店に着いたらアプリの中心にあるボタンを押すだけの簡単操作で様々なメリットを享受できます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

スマポは「ショッピングや街歩きをもっと楽しく!」というコンセプトの元、まだ知らない魅力的なショップや商品との出会い、店員さんとのコミュニケーションなど豊かな購買体験を提供します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

リアル店舗では難しかった顧客ステータスの可視化により、コミュニケーション施策の実施が可能になり、エンゲージメントを向上させることができます。また、店舗側の導入負荷を最小限に留めるために、大掛かりな設置作業が不要な手のひらサイズのデバイスを開発しました。そして費用対効果の測定があいまいな広告枠に対する課金ではなく、何人のお客様が来店したかに基づく従量課金による広告モデルを構築しています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

インターネットの購買では価格比較が容易なことから値引き戦略に巻き込まれやすく、大資本優位になりやすいという課題がありますが、スマポではリアル店舗の魅力を最大化することにフォーカスしており、店舗/商品/人/愛着心などの総合的なブランド価値で勝負できる環境を提供しています。また、各ブランドの価値を再利用した相互送客を可能にする共通ポイントプログラムを提供しています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

誰にでも店舗で買い物するときの高揚感、ウィンドウショッピングを通じて形成される自身の好みや審美眼、衝動買い、店員とのコミュニケーションによる気づきや発見があると思います。これらは、消費者として自分自身を豊かにするための非常に重要なピースだと思います。「スマポ」を通じて、そういった個々人のライフスタイルが今よりも魅力的で楽しくなればと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

App store / Google Play/ Service web site / 各加盟店舗
App store
Google Play
スマポ Web Page

審査委員の評価

お店に訪れることでポイントが取得できるスマートフォン用のアプリケーション。非可聴帯域の音信号を使って店舗内に入ったことを認識している。この仕掛けが技術的にも新しく、特別なハードウェアの付加なしにシステムが構築できる。利用者のリアルな行為を喚起する仕組みのデザインとして評価する。

担当審査委員| 暦本 純一   江渡 浩一郎   中村 勇吾   日高 一樹  

ページトップへ