GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
レイモンド庄中保育園 [レイモンド庄中保育園]
事業主体名
社会福祉法人檸檬会
分類
公共領域のための空間・建築・施設
受賞企業
社会福祉法人檸檬会 (和歌山県)
株式会社アーキヴィジョン広谷スタジオ (東京都)
受賞番号
12GC10984
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

愛知県尾張旭市の郊外に建つ、0歳から5歳までの140人の児童を預かる保育園です。従来の保育園では、遊ぶ・食べる・排泄する・眠るといった子供たちの生活が諸室の機能によって分節されています。私達は子供たちの生活を連続した時間であるととらえた空間をめざし、そこに配したアートワークを使って、保育士が自らつくった物語を話し、子供たちがその続きを考えるといった立体的な絵本のような空間を計画しました。また、園庭にはブランコや滑り台といった遊具ではなく、子供たちが自ら遊び方を創造するオリジナル遊具を配しました。これはアートやデザインの力で、より質の高い保育運営を行うことを目標にした新しい保育環境づくりです。

プロデューサー

前田効多郎/社会福祉法人檸檬会

デザイナー

広谷純弘+石田有作/アーキヴィジョン広谷スタジオ

詳細情報

http://www.archivision-hs.co.jp/

利用開始
2012年4月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

愛知県尾張旭市庄中1-2-8

問い合せ先

株式会社アーキヴィジョン広谷スタジオ
Email: mail@archivision-hs.co.jp
URL: http://www.archivision-hs.co.jp

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

下記の事項により、自然エネルギーを最大限に生かす建築を目指しました。・ペアガラスや断熱構造による断熱性の高い構成/広い開口と深い庇により、夏期の直射日光を遮り、冬期の暖光を室内に導くデザイン/広い開口と連続間のある空間構成にトップサイドライトを利用した有効な自然採光/トップサイドライトを開閉することにより、ドラフト効果を利用した自然通風/国産木材を利用した保育園家具・遊具の開発・利用

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

明るく連続性の高い空間は肉体の健康だけでなく、友達づくり(人間関係の育成)に役立ち、自分が好きな空間探しは、自分を見つめること(自己形成の育成)に役立つと思います。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

手を洗う場所やトイレや食堂、お昼寝をする場所といった生活の空間を、連続した時間ととらえ、光やアートの豊かな空間にデザインすることによって、子供たちに「生活の楽しみ」を伝えることができると考えています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

デザインやアートが単なる空間づくりを超え、保育(子育て)の根本的なところに関わることによって保育空間が豊かになることは、新しい産業展開の可能性を示すことだと考えます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

新しい保育園の空間構成(光や色や形)やアートを身近に感じるデザイン、木材を身近に感じるデザイン、また緩やかな勾配のある地形と丸太の道と1本のケヤキによる、自分達で遊び方を創造する園庭によって、子供たちが自ら気づき感じることのチャンスを拡大し、個性的な(自らを見つめることのできる)子供を育てることに貢献できると思います。

ユーザー・社会に伝えたいこと

空間の連続と文節の構成は、人間関係の育成と自己形成の可能性をめざすこと。光を追いかけ、色や木の素材に触れること、アートを身近に感じること、園庭で自ら遊び方を創造することは、様々なことを遊びながら学び、自ら気づき成長することを助け、個性的な(自らを見つめることのできる)子供を育てることにつながると考えます。また、それを通じて大人達に「子育ての喜び」を伝えることが出来ると思います。

審査委員の評価

木のアーチで構成された空間とそこにやさしく入り込む光が、子供達にとって居心地の良い場を作り上げていると思う。大小のアーチ型の開口によって空間はゆるやかにつながり、子供達は天井から下がるモビールに誘われながら、空間を移動し、次々と想像をふくらませていくことであろう。単に建築をデザインするだけでなく、そこにかかるアートを通じて、絵本のようにつながっていく空間を実現させようという試みも評価できる。家具や園庭の遊具に至るまで、丁寧に考えられているとことろも良い。

担当審査委員| 南雲 勝志   大島 礼治   黒川 玲   手塚 由比   堀井 秀之   森田 昌嗣  

ページトップへ