GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
鋼製耐震補強部材 [マゼランB、A、T]
事業主体名
中村物産有限会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
中村物産有限会社 (宮城県)
受賞番号
12GA10550
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

マゼランB・A・Tは木造建物の耐震補強部材です。耐震の弱点となりやすい仕口に取りつけて靱性を高めます。素材は振動吸収に優れ圧縮強度が強い発泡ポリプロピレンと板バネを組み合わせています。地震によって仕口が90°以下に閉じた場合、発泡ポリプロピレンが圧縮して抵抗し、板バネは曲げ抵抗します。逆に90°以上に開いた場合、板バネ間の発泡ポリプロピレンが圧縮抵抗します。また板バネが元にもどろうとする力で梁と柱を正常な状態に回復させます。板バネに囲まれた部分はラグビーボールをイメージしました。蹴られても踏まれても平気なあのラグビーボールです。

プロデューサー

中村物産有限会社 社長 中村拓造

ディレクター

中村物産有限会社 社長 中村拓造

デザイナー

中村物産有限会社 社長 中村拓造

詳細情報

http://nakamura-jishin.com

発売
2009年9月1日
価格

15,000 ~ 20,000円 (Bタイプ20000円、Aタイプ18000円、Tタイプ15000円)

販売地域

日本国内向け

設置場所

柱〜梁間、壁内

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

木造建物の耐久性と耐震性を高めることができます。木造建物の場合はとくに構造上間取りに制約が多くなる課題があります。しかし、このマゼランを使用することで長寿命のサステナブルな木造建物が実現できます。度重なる列島の地震に遭遇しても、連結部に与える影響はとても小さなものになるのです。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

3.11を体験した私たち宮城県の生活者は、もう二度とあの不安や恐怖を味わいたくはありません。地震災害から身体・財産を守ることや、室内の安全で快適な空間を創り出す部材として、このマゼランは費用と効果のバランスも良いものと考えています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

このマゼランを使うことによって、四隅の小さな部分で強度を増すことができます。このため開口部に余裕ができ、より開放的な窓を配置することが可能です。おなじ強度を得られるならば生活者はまちがいなく大きな窓を求めるのではないでしょうか。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

木造住宅の良さを生かしながら、この素材は耐震性能の高さを付加することができます。構造強度や意匠上の自由度をより広げ、設計の選択肢がひろがります。木造住宅の評価を見直す事により国産材を活用する産業振興に貢献できると考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

このマゼランを用いることは、木造住宅にとっては地震災害から長期間倒壊を免れ得るということです。永く住み続けられることによって建築廃材の縮減が得られ、木材を多く使用することによる環境負荷の低減が得られると考えています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

軽く、強く、シンプルで高性能、まったく新しい発想から生まれたハイブリッドな耐震補強部材です。強靭な板バネと圧縮に強い発泡ポリプロピレンの融合。軽量で取扱いやすくコンパクト。設計者にも施工者にも配慮され、結果的には建て主の建築にさまざまなメリットをもたらします。もっとたくさんのお客様に知ってもらい、その使い勝手の良さ、安全安心を手にしていただきたいと考えています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

中村物産有限会社

審査委員の評価

木造軸組工法の梁と柱の接合部に取りつけることを想定した、耐震性強化のための補強部材である。耐引張力を担当する板バネと、耐圧縮力を担当する発泡ポリプロピレンを組み合わせることによって、地震力による軸組の変形と破壊を防止し、さらには軸組の復元効果を生み出そうとしている。二つの材料の接合性、くり返し応力への抵抗力、長期の性能維持など、研究すべきテーマはいくつか残っていると思われるが、今後さらに研究を進めて、新築時だけでなく、既存住宅の耐震補強にも使うことができる簡便な耐震部品として、一般的に普及することが期待できる提案である。

担当審査委員| 難波 和彦   安積 朋子   篠原 聡子   安田 幸一  

ページトップへ