GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
軽自動車 [ライフ]
事業主体名
本田技研工業株式会社
領域/分類
生活領域 - 乗用車および関連商品
受賞企業
本田技研工業株式会社 (東京都)
受賞番号
09B07001
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

生活の中で実感できる運転のしやすさと使い勝手のよさを追求した“デイリー・スマイル・テクノロジー”をコンセプトに、基本性能から改めて見直し、お客様が毎日を笑顔で過ごせる軽乗用車を目指して開発。全方位で良好な視界や、軽自動車初のバックモニター、また駐車時の前後進の自動操舵機能など、誰にでも楽に運転できることを目指した。お客様の感性に合わせてデザインを選べるバリエーションとして、シンプル・モダンで実用的なGタイプ、軽快でスポーティなDIVA、上品・上質でおしゃれなPASTELの3タイプを設定。

プロデューサー

本田技研工業株式会社

ディレクター

株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター 常務取締役 デザイン開発室 室長 海老澤 伸樹

デザイナー

株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター デザイン開発室 第4ブロック 研究員 村上 渉/デザイン開発室 第1ブロック 廣田 貴士

詳細情報

http://www.honda.co.jp/LIFE/

発売
2008年11月7日
価格

945,000 ~ 1,680,000円 (オプションを含まない価格)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

女性を中心に幅広い年齢層の人々に愛用されている軽乗用車のカテゴリーにおいて、運転に不安や苦手意識を持つユーザーにも使いやすい、基本性能の高い軽乗用車の創造を目指した。快適さと使いやすさを極めたパッケージ、機能性と心地よさを両立したインテリア、お客様の感性に合わせて選べる3タイプの個性を持たせたフェイスデザイン等、幅広いお客様に受け入れられることを目標とした。

デザイナーのコメント

日常の道具として使われ、女性ユーザー比率の多い軽自動車。だからこそ、運転の苦手な人でもストレスフリーに運転でき、生活を楽しくしてくれる使い易い道具である事が重要。今まで大きくクローズアップされて来なかった視界の良さや駐車のしやすさ、毎日使っても飽きのこないシンプルさや使い易さに焦点をあてたデザインとした。この車を所有する事で、笑顔あふれる生活(SMILE LIFE)を提供したいと考えた。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

環境負荷の少ないスモールカーへの関心を持ち、自分の感性にあったデザインを求める、女性を中心とした幅広い年齢層の方々を想定。クルマの運転に不安や苦手意識を持つ方々でも運転しやすく、使いやすいクルマであることや、お年寄りや子供を含む様々な同乗者の利用を想定した。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

日常で実感できる高い基本性能 ・前/後/側面すべての死角を軽減したウインドウによる全方位360°良好視界 ・バックモニター、Hondaスマートパーキングアシストシステム等運転をサポートする先進技術 ・多彩な収納や質感の高いシート、お年寄りや子供でも乗降しやすいセンターピラーグリップなど機能性と心地よさを両立したインテリア ユーザーの感性に合わせて選べる個性豊かなデザインバリエーション

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

・ピラー形状の最小化による前方視界の向上、リアウインドウとリアシート形状により拡大した後方視界など、全周囲で良好な視界を実現 ・世界初の運転席用i-SRSエアバッグシステムを全タイプに標準装備し、乗員の着座位置、衝突形態に幅広く対応 ・歩行者傷害軽減ボディの採用、コンパティビリティ対応ボディによる相手車両への攻撃性低減 ・シンプルで親しみを感じさせるフレンドリーなデザインの実現

その問題点に対し、どのように対応したか

軽乗用車は手軽さや経済性、使いやすさから身近なカテゴリーである為、ユーザー層も幅広く、運転技量に不安を持つ方も多い。開発にあたっては、誰もが安心して運転でき、同乗者にとっても快適な室内空間を創造すること、また乗員のみならず自車の周囲を含めた高い安全性能を備えること、多くの方に喜んでいただけるデザイン提案性などが課題となった。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の Honda Cars でご購入いただけます
http://www.honda.co.jp/LIFE/

審査委員の評価

軽として基本がしっかりしており、ハイポディションのヘッドランプはホンダライフのアイデンティティーをよく継承し、フロントコーナーからベルトラインに流れるキャラクターラインも、控えめだが特徴的で余計な造形もなく全体的に良くまとまっている。

担当審査委員| 山村 真一   木村 徹   サイトウマコト   佐藤 卓   松井 龍哉  

ページトップへ