GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ステンレスマグ [サーモス 真空断熱ケータイマグ JMY]
事業主体名
有限会社znug design
領域/分類
生活領域 - 雑貨・日用品
受賞企業
有限会社znug design (東京都)
受賞番号
09B01003
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

近年、公園のベンチで気軽にコーヒーを飲む、通勤途中やオフィスで 一息つくなど、好みの飲み物をどこへでも「ケータイする」ライフスタイルが 世代・性別を問わずに広がりを見せている。「サーモス・真空断熱ケータイマグ」は、魔法びん構造の携帯用マグで、現在のマイボトルブームの牽引役となっている。「JMY」は従来モデルを さらに軽量コンパクトにしたモデルで、握りやすいボディ形状を採用し、ロックやワンタッチオープンボタンの操作性、洗浄性も向上させた。容器を捨てることなく繰り返し使えるため、「エコノミー&エコロジー」 という身近なエコライフを実現する。

ディレクター

有限会社znug design 根津 孝太

znug design, inc. 根津 孝太

詳細情報

http://www.thermos.jp/Products/motion/JMY.html

発売
2008年8月21日
価格

4,725 ~ 5,250円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

安全、軽量、コンパクト。安心感、持ちやすさ、使いやすさを徹底的に追求。見てわかる、触ってわかる、ロックやボタンの自然な操作を導くアフォーダンス性の実現。長く清潔に使うための、洗いたいところが洗える構造。

デザイナーのコメント

いつも使い手のそばにあり、そのひとの分身のような存在になるためには? エコロジーもエコノミーも健康も、身近にあって自分になじむものでなくては意味がない。気持ちのよいさわり心地・持ち心地・使い心地・飲み心地、ぱっと眼にはいった時のうれしさや、そっと手にとった時の安心感。そうしたものすべてを実現するために、ひとつひとつのことを 大切にデザインしていった。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

老若男女を問わない幅広い世代(園児?シニア)の方々。また、健常者だけでなく、目や指先の不自由な方々。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

持ちやすや、使いやすさを追求することにより、飲みたい時に飲みたいものを飲めるマイボトルを気軽に携帯でき、また、そのことにより、環境・経済・健康への配慮を、身近なことからライフスタイルに取り入れられる価値を提供。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

①繰り返し使えるマイボトルの携帯を推奨。商品化粧箱で8年に渡り訴求中の「携帯しようエコボトル」「マイドリンク・マイボトル」マークと、それに合致した商品の開発。②③健康管理に気遣ったマイドリンクを経済的かつ衛生的に携帯出来る商品の開発。④熱中症対策として冷水補給の重要性を検証。温度管理に最適な魔法びんステンレスボトルで、体が過度の水分不足になる前の冷水補給による深部体温上昇抑制を実証。

その問題点に対し、どのように対応したか

①環境保全、エコロジーの観点から、飲料容器を繰り返し使うライフスタイルの実現。②お気に入りのドリンクを経済的に携帯するライフスタイルの実現。③メタボリック症候群などの対策として、外食に偏りすぎないライフスタイルの実現。④熱中症予防における最適な水分補給の実現。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

イトーヨーカドー・AEON・ユニー・Amazon
http://www.thermos.jp/Products/motion/JMY.html

審査委員の評価

デザインは設計が描いた機能を最大限に引き出す事が大きな役割ですが、この商品はこの点においてユーザーサイドに立って造形処理することでそれを提案しているといえます。例えば、液漏れしないためのロックは指で跳ね上げる方式で、操作には安心感があり、同時に視覚的にロックの有無が判別しやくなっている。使い方がシンプルな商品だが、丁寧な視点で細やかな配慮がされています。

担当審査委員| 澄川 伸一   安積 朋子   原 研哉   廣田 尚子   山本 秀夫  

ページトップへ