GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スイッチ [有機ELディスプレイ カラーIS]
事業主体名
日本開閉器工業株式会社
領域/分類
産業領域 - 生産や物流に用いられる機器・設備
受賞企業
日本開閉器工業株式会社 (神奈川県)
受賞番号
08B06003
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

有機ELディスプレイを搭載した多機能押ボタンスイッチ。0.65インチの小さな画面にはオリジナルの文字、記号、写真などが表示できます。スイッチを押すたびに表示を切換えることが可能で、「状況確認」と「スイッチ操作」がひとつになった人とマシンのコミュニケーション能力抜群のスイッチです。放送・音響機器、医療機器をはじめ、広範な機器への搭載が可能です。

プロデューサー

日本開閉器工業株式会社 代表取締役社長 大橋智成

ディレクター

日本開閉器工業株式会社 開発部 田中幸久

デザイナー

日本開閉器工業株式会社 開発部 大貫一光

詳細情報

http://www.nikkai.co.jp/is/is.cfm

発売
2008年7月1日
価格

4,059円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

操作が容易で、視認性がよく、かつ、高級感のあるスイッチを提供することを目指した。

デザイナーのコメント

人にやさしいスイッチを追求した結果、小さなスイッチの中に有機ELディスプレイを搭載することができました。スイッチの操作感にもこだわり、確かな操作感をフィードバックすることができ、表示部に有機ELディスプレイを採用することでハイクオリティな画像表示が可能となるとともに視野角も広くなり、操作性と視認性を向上させることができました。さらに、黒を基調とすることで高級感のあるデザインを実現しました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

操作感のないタッチパネルの操作や、多数のスイッチによる複雑難解な操作に苦慮している高齢者や児童。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

スイッチのオン・オフを確かにフィードバックでき、かつ、ハイクオリティな画像表示を可能にすることにより、感触と視覚で確認しながら誰もが安心して容易にスイッチ操作を行えるようになる。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

スイッチがオペレーションガイドを直接行えるため、機器の多機能化を推進するスイッチを提供できる。

その問題点に対し、どのように対応したか

多機能化が進む電気製品は、比例してスイッチの使用数が増加し、操作性の煩雑化が進んでいる。

審査委員の評価

プッシュスイッチの中に、カラー画像があり、それが変化していくという驚きは、未来のスイッチを実感させてくれる。画像によるリアルタイムのメッセージは、日常のスイッチにたいする概念を大きく進化させます。緊急時の表示なども含めた、ソフトウエアと融合した場合に、さらにすばらしいものに進化するであろう。

担当審査委員| 澄川 伸一   蓮見 孝   森田 昌嗣   山田 晃三  

ページトップへ