GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2000

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
山九ビル [中央区勝どき6-5-23]
部門/分類
建築・環境デザイン部門 - 建築デザイン
受賞企業
鹿島建設株式会社/山九株式会社 (東京都)
受賞番号
00E1837
受賞概要
2000年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

デザイナー

山九株式会社 建設事業本部+鹿島建設株式会社 設計エンジニアリング総事業本部

開始日
1998年3月
価格

0円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

清澄通りに面した中央区勝どきのウォーターフロントに建つオフィス。新社屋の建設に際し、グループ全体の業務効率の向上と企業アイデンティティーの浸透とを目指すこと、機能的で近代的なビルであること、社風である質実剛健さと格調とを表現すること、全社員が一丸となり新しい価値の創造を目指す空間であることが求められた。全社一丸を表現する工夫として、法38条の大臣特認により竪穴区画をなくし、従来になく開放的でかつ変化に富んだアトリウムを建物の中心に設けた。すべての施設がそのまわりに立体的に展開することにより、見通しの良い一体感のある新しいタイプのオフィスを提供している。またアトリウムまわりに、光と影(新型ブラインド)、風(アトリウムの中間期自然換気)、緑(プランターボックス)、自然素材(ウッドフローリング)などを導入することにより、親しみのあるオフィス空間を提供している。また、このオフィスでは建築全体を「熱的有機体」として捉えるところから、省エネルギーを建築計画として実現している。光が差し、それが熱に変わり、温度差によって自然に気流が生まれるという空気の通り道を、外装の二重壁や、アトリウムの吹きぬけなど、このビルの基本を成す建

ページトップへ