GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
ウェブサイト [東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト]
事業主体名
東京都
分類
一般・公共用システム・サービス
受賞企業
東京都 (東京都)
受賞番号
20G191216
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトは、東京都が新型コロナウイルス感染症に関する正確な情報を迅速に都民の皆様に届けるために開設したウェブサイトです。新型コロナウイルス感染症対策に関する様々な情報やデータをワンストップで閲覧でき、またソースコードの公開により他自治体においても同様の取組を行うことが可能となっています。

デザインのポイント
1.正確な情報を迅速に届けるため、様々な情報やデータをグラフや表で分かりやすく掲載し、日々更新。
2.グラフや表などに活用しているデータをオープンデータとして公開することにより、データの再利用が可能。
3.ソースコードの公開により、世界中からの改善提案を受け付けるとともに、他自治体においても活用が可能。
プロデューサー

東京都

ディレクター

一般社団法人コード・フォー・ジャパン

デザイナー

一般社団法人コード・フォー・ジャパン & コントリビューターの皆様

詳細情報

https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

利用開始
2020年3月3日

受賞対象の詳細

背景

東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトの開設を決定したのは、東京都内で感染経路が明らかでない患者が散発的に発生するなど、感染の急速な拡大が収束できるかどうかの瀬戸際といえる時期でした。東京都は、感染の流行を早期に終息させるためには、新型コロナウイルス感染症対策に関する正しい情報や現状を迅速に分かりやすく都民に伝えることが重要であるとの認識のもと、サイト開設に着手しました。

経緯とその成果

開設に当たっては、データやファクトを伝えることが重要であるという認識にたち、様々な情報やデータをデザインも含め議論しながらグラフや表を開発。開設当初は4点だったグラフ・表を19点まで充実させました。また、東京都が3年前から取り組んできたオープンデータ活用の素地を生かすことで、短期間でのサイト開設、オープンデータ公開を実現。さらに、GitHubを活用して、世界中からの改善提案を基に大小合わせて1,000件以上の改善に取り組み、ユーザー目線で使いやすいサイトとなるよう工夫しました。現在、53府県市において本サイトのソースコードを活用したサイトが作成されており、その総数は62にのぼっています。そのうち、10府県市が当該自治体の公式サイトとして運用されるなど、着実に取組が広がっています。(数値はすべて令和2年8月現在)

仕様

Microsoft Edge 最新版/Mozilla Firefox 最新版/Google Chrome 最新版(Windows 10以上, Android 8.0以上)/Safari 最新版(macOS, iOS)/Opera 最新版

審査委員の評価

経験したことのない緊急事態において、適切な判断を行う際に最も重要なのは、正確な情報をタイムリーに入手することである。この決して容易ではないことを、東京都という巨大組織がCode for Japanとの連携により、圧倒的なスピードで成し遂げた。その後も世界中から寄せられた1,000以上の改善要望をタイムリーに反映しつつ、オープンデータ化やソースコードの公開により様々な主体が仕組みを援用することを可能とした。シビックテックの幕開けとなる本サービスの成果を高く評価したい。

担当審査委員| 長田 英知   内田 友紀   近藤 ヒデノリ   Miles Pennington   水野 祐  

ページトップへ