GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
建築 [延岡駅周辺整備プロジェクト]
事業主体名
延岡市
分類
公共の建築・空間
受賞企業
延岡市 (宮崎県)
有限会社乾久美子建築設計事務所 (東京都)
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 (東京都)
延岡設計連合協同組合 (宮崎県)
株式会社studio-L (大阪府)
上田・児玉・朋幸・久米特定建設工事共同企業体 (宮崎県)
九州旅客鉄道株式会社 (福岡県)
受賞番号
20G171121
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

宮崎県延岡市にある駅周辺整備プロジェクトです。複合施設・駅舎・自由通路・駅前広場など多様な施設が整備対象です。ハードとソフト(コミュニティデザインやプログラム)、運営のデザインをシームレスに連携させることで、交通結節点の機能に止まらず、市民の憩いの場であり、来街者を迎え入れる玄関口としてのデザインを目指しました。

デザインのポイント
1.ハードとソフトの同時並行:建築設計とワークショップを同時並行に進め、インタラクティブな状況をつくった
2.既存のJR駅舎と揃える:市民の愛着のあった既存駅舎のデザインを踏襲し、既存の街並みに溶け込ませた
3.2階の床を下げる:建物の中の活動を可視化することで、駅前に人がいるざわめきを提供することができた
プロデューサー

施主:延岡市 運営:延岡市+カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

ディレクター

ワークショップコーディネート:株式会社studio-L

デザイナー

延岡駅周辺整備プロジェクトデザイン監修:乾久美子建築設計事務所/延岡市駅前複合施設設計:乾久美子建築設計事務所+延岡設計連合協同組合/施工:上田・児玉・朋幸・久米特定建設工事共同企業体

詳細情報

https://encross-nobeoka.jp/ja

利用開始
2018年4月13日
販売地域

日本国内向け

設置場所

宮崎県延岡市幸町3丁目4266番地5、その他

受賞対象の詳細

背景

市町村合併による合併特例債を主な財源とし、駅周辺の活性化やデザインの方向性を長期にわたって自治体や市民とともに並走できる「デザイン監修者」という役割を設定しました。また、延岡市、デザイン監修者をはじめとする関係者は、交通関係者や地元の有識者の意見をとりまとめつつ、規模やプログラムを策定する企画から細部設計までの広範な対象をトータルにコントロールする業務を行いました。また「コミュニティデザイナー」の参画を求め、市民ワークショップを複数回開催しながら、市民が集える場、使える場としての公共施設のありかたを模索しながらプロジェクトを進めました。

経緯とその成果

既存駅舎のシンプルな柱梁のラーメン構造を引き継ぎ、市民から愛着のあった駅舎が増築されたような佇まいとしています。また、2Fの床スラブを可能な限り地面に近づけることで、2Fでの市民活動を外から見えるようにしています。周辺施設も県産材の杉材をトータルに使うなどでデザインを統合し、各施設の境界線を気にすることなく自由に行き来できる雰囲気を作っています。また、市民ワークショップの成果を生かしたプログラムを設定し、ワークショップを通して培った市民との協働を、オープン後の運営にまで継続させています。

仕様

敷地面積:8878.69㎡ 建築面積:1695.11㎡ 延床面積:1659.54㎡ 地下一階:163.52㎡ 1階:581.27㎡ 2階:914.75㎡ 建蔽率:26.40%(許容:80%) 容積率:30.14%(許容:300%) 階数:地下0階地上2階 主体構造:プレキャスト・コンクリート造一部鉄骨造

どこで購入できるか、
どこで見られるか

延岡駅、延岡市駅前複合施設エンクロス
エンクロス公式HP
Inui Architects HP

審査委員の評価

延岡駅の周辺整備プロジェクトは、ただ新しいハコをつくるのではなく、市民とのワーク・ショップを重ね、地域との関係性を築きながら、新しい公共空間を実現した。プログラムとしては、待合所のほか、1階にスターバックス、地域特産品の販売所、キッズサービス、2階に蔦屋書店などが入り、駅前に賑わいをもたらしている。建築としては、一階の天井高を抑えつつ、二階は高さ3.9mの伸びやかな空間とし、端正な構成とプロポーションを導いている。特筆すべきは、国鉄時代につくられた古い駅舎のシンプルなデザインをリスペクトし、それを現代のデザインに継承させたこと。現在、東京よりも日本の地方都市にすぐれた現代建築が増えているが、そうした動向も象徴するようなプロジェクトである。

担当審査委員| 伊藤 香織   五十嵐 太郎   山崎 亮   山梨 知彦  

ページトップへ