GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2019

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
カセットガス式ポータブル給湯器 [ERIF OUTDOOR GAS BOILER(エリフ アウトドアガスボイラー)]
事業主体名
モリタ工業株式会社
分類
レジャー・アウトドア・旅行用品
受賞企業
モリタ工業株式会社 (埼玉県)
受賞番号
19G030154
受賞概要
2019年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

場所を選ばず、人やペットが温かいと感じる30°C〜40°Cの温水を瞬間的につくり、 シャワーヘッドから供給し続けます。 AC電源不要、水道につなぐだけ。手軽に入手できるカセットガス2本で連続30分の給湯。 国内初の移動式ガス瞬間湯沸器。生活風景に溶け込む色と形状に、町工場が培ってきた技術を埋め込みました。

デザインのポイント
1.国内初のガス瞬間湯沸かし器に求められる多様な機能要素を簡潔明快なデザインに。
2.電源や点火スイッチを排除したシンプルな操作設計。シャワーヘッドのボタンを押すだけでお湯が出ます。
3.より快適な移動の為、本体重量配分、ハンドル高さ、ホイール設計に至るまで徹底的にユーザビリティを設計。
プロデューサー

モリタ工業株式会社 代表取締役 寺本雷太

ディレクター

株式会社ジンクラモトスタジオ プロダクトデザイナー 倉本仁

デザイナー

株式会社ジンクラモトスタジオ プロダクトデザイナー 倉本仁

Product Designer : Jin Kuramoto

詳細情報

https://www.erif.jp/

発売予定
2019年10月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

背景

屋外で湯切れなくお湯を使いたい、というニーズは以前からありました。屋内犬の散歩のあとの簡単な汚れ落とし、キャンプでの皿洗い、自宅での洗車、サーフィンや海水浴のあとのシャワーなどです。2016年の液石法の規制緩和により、このニーズに対応できるガス器具の製造が可能となりました。そこで、コンビニ等で簡単に入手できるカセットガスを燃料にした、移動式のガス瞬間湯沸器を開発することとしました。水道はあるが電気も燃料もないという環境でも、カセットガスを用いれば連続給湯が可能です。利用風景をイメージしたとき、住設機器として裏庭に設置するガス器具とは異なると考えました。製品が生活風景になじむことはもとより、購入から修理までの全てを楽しめ、安全性が高く、経年変化に愛着が感じられることを目指しました。この思想を「生活に溶け込むガス器具」と表現しその象徴としてのプロダクトデザインを依頼しました。

経緯とその成果

日常の道具は、より使いやすく、素材や形状・色においても人々の暮らしに寄り添う意匠設計が求められます。生活に馴染む道具に仕立て上げる為に、デザインチームは設計要件を一つ一つ確認し、機械部品の実物に触れながら、多角的なラフデザインを提案しました。モリタ工業の全社員からラフデザインへの意見を集めるなど、参加型のデザイン検討を行い、完成したコンセプトデザインを量産設計へ展開する際は、寸法・材質・構造など外観とユーザビリティの全ての点においてデザイナーと機械設計者が綿密に協議を重ねました。また、新規ブランドの第一弾商品として、製品自体がブランドの世界観を明快に表現する必要がありました。デザイナーと製造企業が一丸となってこのミッションに取り組んだ結果、プロジェクトのスタート時に非常に複雑であった機械装置が、簡潔で柔らかな空気を纏う存在へと昇華できたことが大きな成果ではないかと思います。

仕様

本体寸法 W371mm × D231mm × H707mm(接続口キャップを含む)/本体重量 約17.0kg/電源 DC3V(単一形乾電池×2本)/使用燃料 カセットガス(液化ブタン/LPG)×2本/使用水圧 130~700kPa/設置方式 屋外式・可搬型/カラー4色(セピアブラウン、シェルピンク、アッシュシルバー、グラスグリーン)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ERIF 公式ウェブサイト
ERIFオンラインショップ
モリタ工業株式会社 公式ウェブサイト

審査委員の評価

屋外でも使える、日本初のカセットガス式ポータブル給湯器。これだけで十分新鮮に聞こえるが、この製品の最大の魅力は、細部まで行き届いた美しさだろう。スイッチを極力排除することで、操作も極めてシンプルで使いやすく、ハンドル位置、重量配分など、移動を容易にする配慮も細かくなされている。落ち着きのあるカラーリングは、居住空間に置いても違和感がなく、シャワーヘッドに至るまで隙のないデザインは、非常に高く評価できる。

担当審査委員| 山田 遊   木住野 彰悟   村田 智明   Andrew Pang  

ページトップへ