GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
福岡正信自然農園 甘夏マーマレード [福岡正信自然農園]
事業主体名
株式会社日本総合園芸
分類
社会貢献活動
受賞企業
株式会社日本総合園芸 (奈良県)
受賞番号
18G161289
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

農哲学の第一人者・福岡正信の意思を再び世に問う。福 岡正信自然農園が大切に育てている果樹を商品化し販売する事で、近年の食品偽造や種子法の問題など消費者に農を通して「食べる=生きる」という、本来の「人の道」を啓蒙したいと、甘夏マーマレードの商品化に踏み切った。正信氏の意思を受け継ぎ、現代と向き合う3代目・大樹氏の「ぶれない心」は世代を超えた命のリレーとなっている。後継者不足に悩む第一次産業にとっても特筆すべき点であり、これも世に伝えたい。思想的な側面だけでなく消費者の関心が高い原材料の表示を前面に出し、ムダを排除して本質的なアプローチ。シンプルかつ大胆な表現で社会への強いメッセージとした。

プロデューサー

一般社団法人里山デザイン 太田みどり

ディレクター

一般社団法人里山デザイン 國松繁樹

デザイナー

一般社団法人里山デザイン 國松繁樹

詳細情報

https://www.f-masanobu.jp

発売
2017年5月21日
価格

1,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

「無」のデザイン

背景

「東洋の奇跡」と呼ばれ世界から賛美を浴びた日本の発展は、大量生産・大量消費への社会構造となり公害問題をも同時にもたらした。そんな時代に、福岡正信氏が指し示した、、農を通じて説いた哲学は世界中に広がり人間の歩むべき道標となった。そんな正信氏の意思を継ぐ3代目の大樹氏が、時代と向き合い「農の意味」を問い続けながら汗を流す姿を見て日本総合園芸は共鳴した。衰退の一途を辿る第一次産業の一助になりたいという想いから商品開発をスタート。一般流通に数多く存在する「マーマレード」だが、明確な差別化を図りたいと作り手である農家の想いをパッケージデザインにより最大限伝えたい。また、食べて貰うということで参画し、生産者を応援していくような社会的インパクトのある商品作りとし、新たな市場を創出する事を目的にデザインを考案している。

デザイナーの想い

福岡正信自然農園の持つアイデンティティである「無」の哲学や、農や自然に対する誠実さを、誇張せず、変換せず、如何にそのまま表現できるかを考えた。そのため、デザイン開発に於いて、パッケージの中身である生産物や生産者そのままの本質的価値を最大限訴求するために、内容物など必要情報以外は一切付加しないデザインとした。通常は裏面の印刷やシール等で記載される食品表示法に基づく一括表示を、あえて、表面に配したデザインを考案。デザインに生産者の誠実さや生産物の暖かみを感じさせるため、写植書体のモリサワ中明朝1書体のみを使用。一色刷りの活版印刷にした。やさしさと親しみやすさ、クオリティ感を出した。商品の特別なロゴやネーミングがなく、食品内容表示の商品名と生産者名を入れてあるだけのシンプルなデザインが特徴だ。食品内容表示が表面のデザインとなっていることで逆にインパクトを与える狙いがある。

仕様

・原材料:甘夏 砂糖(国内製造)レモン果汁 ・内容量:140g  ・容器寸法:直径56.4×高さ90㎜  ・容器素材:ガラス スチール製ツイストキャップ

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日本総合園芸 奈良県磯城郡田原本町千代19-1
福岡正信自然農園

審査委員の評価

余計なものは加えず、真摯につくられているということを、原材料の内訳をあえて全面に押し出したパッケージで、美しく体現している。「活動」と「かたち」が一致したデザインであることを評価した。

担当審査委員| 岩佐 十良   伊藤 香織   太刀川 英輔   並河 進   服部 滋樹  

ページトップへ