GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
災害医療支援電子システム [J-SPEED+]
事業主体名
東京エレクトロニツクシステムズ株式会社
分類
社会基盤システム/インフラストラクチャー
受賞企業
株式会社東芝 (東京都)
東京エレクトロニツクシステムズ株式会社 (神奈川県)
産業医科大学 医学部准教授 久保達彦 (福岡県)
受賞番号
18G151191
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

J-SPEED+は、大規模災害発生時、災害対策本部と被災地の医療従事者が診療概況の情報をリアルタイムに共有できるシステムである。被災地へ派遣された医療班がスマートフォン用アプリ内で活動日報を作成すると、webアプリケーション上で災害対策本部が診療内容等の集計結果を確認できる。日本ではこの日報の標準化が進められており、この電子化されたプラットフォームにより、災害医療関係者の負担を軽減し、迅速な情報共有のための環境を提供する。またシステム内の日報様式を置き換えることで、世界各国に合わせた利用も可能である。被災地での医療の状況を迅速に把握することで、一人でも多くの生命と健康を守れる社会を実現する。

プロデューサー

東京エレクトロニツクシステムズ株式会社 メディカルICT事業推進グループ+産業医科大学 医学部准教授 久保達彦

ディレクター

株式会社東芝 デザインセンター 乙葉茂

デザイナー

株式会社東芝 デザインセンター 本間多恵、石原愛子

詳細情報

https://www.jspeedplus.net/ma/

利用開始
2018年4月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

災害時に医療関係者の作業負担を軽減しながら迅速に情報共有を行い、多くの被災者の命と心身の健康を守る

背景

災害医療の現場では、被災地に全国から駆け付ける医療班と連携し、被災地の災害対策本部が迅速かつ的確に被害状況を把握する必要がある。例えば、現場で診断された症例の傾向を分析することで、感染症の流行をいち早く察知することができる。しかし、以前は収集する医療情報の項目が統一されていなかったため、情報の集約が困難であった。この課題に対処するため、日本では、東日本大震災を契機に設置された合同委員会が標準化様式を提唱している。この様式は医療班の診療活動日報として運用され、“どこにどのような患者が何人いたか”を迅速に集計可能にするもので、2016年の熊本地震で初稼動され顕著な実績を残した。しかしながら、当時のシステムは紙ベースで運用されたため、自らも被災した災害対策本部や、診療活動を終えた医療班が深夜に及ぶ集計作業を行う必要があり、その集計負担の軽減が次の災害対応に向けて大きな課題とみなされていた。

デザイナーの想い

災害医療は災害が起きて初めてその重要性が理解される分野だが、いざ大規模災害が起きたときに使えるようなシステムが求められてきた。災害医療の現場は関係者と情報が複雑であるため、被災地でいかに災害医療のスタッフに負担がかかっているか、どのようなスタッフがどのような情報連携をしているかを紐解き、整理するところからデザインがスタートした。少しでも現場スタッフの負担を軽くして、向き合うべき被災者・患者の診療に集中できるように、災害医療の専門家の知見を活かしながら開発者・専門家・デザイナーのチームでデザインを共に組み上げた。 訓練等で使われることで医療従事者に直に効果を実感してもらい、一般の方にも災害医療を広く認知いただくために、これからも製品の改善と訴求をし、次に起こる大規模災害で活用されるシステムにしていきたい。

仕様

Webアプリケーション、スマートフォン用アプリケーション

どこで購入できるか、
どこで見られるか

J-SPEED+ポータルサイト
J-SPEED情報提供サイト

審査委員の評価

大規模災害が連続して起こる現代に重要かつ急務な開発である。このような複雑な課題を抱えたプロジェクトは、ともすると多くの知見を集めてもまとめる術を持たずに、あいまいな結果を招く例も多い中で、実装レベルにまで到達したことを高く評価した。とりわけ、各専門分野の技術や理想という膨大な情報を束ねて再構成する過程、すなわちその開発プロセスが、グラフィックレコーディングによる情報の視覚化共有、ファシリテーションによる議論と整理、リアルタイムのワイヤーフレーミングによるUXの構造化という、具体的な手法を持って設計されたことは、極めてデザイン的なアプローチであり、全体適正化するためのクリエイティブな仕組みづくりである。

担当審査委員| 廣田 尚子   佐々木 千穂   田中 仁   深津 貴之   水野 祐  

ページトップへ