GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
シフト管理サービス [Airシフト]
事業主体名
株式会社リクルートライフスタイル
分類
業務用システム・サービス
受賞企業
株式会社リクルートライフスタイル (東京都)
受賞番号
18G151184
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Airシフトはシフト表とチャット機能が一体化した業界初(※)のシフト管理サービスです。(※2018年1月当社調べ) シフト作成は細かい出勤時間調整などスタッフとのやりとりが何度も必要であり、店長にとっては負荷のかかる作業でした。Airシフトではスタッフがアプリから提出した出勤・休み希望が自動的にシフト表に反映され、店長はそのシフト表を見ながら一体化したチャット機能を使ってスタッフと調整できます。店長は削減した時間を使ってより自分らしいお店づくりに注力できます。Airシフトは300万以上のユーザーに利用されているシフトボードと連携することで、店長だけでなくスタッフも嬉しいシフト管理サービスです。

プロデューサー

株式会社リクルートライフスタイル 沓水佑樹

ディレクター

株式会社リクルートライフスタイル 関根光翼、沼田剛明、渡邉慎

デザイナー

株式会社ビットエー 伊藤仁志

詳細情報

https://airregi.jp/shift/

利用開始
2018年4月2日
価格

1,000円 (1,000円(税抜)から利用可能。利用ユーザー数に応じたテーブル価格。 201人以上は要問合せ。)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

やりとりも作成もラクになるシフト管理サービス

背景

国内では労働力不足が深刻化しており、飲食店の店長をはじめとする店舗管理者は人材確保のため働き手が希望する働き方を実現する必要に迫られています。週1日だけの勤務希望や、1週間以上先の予定を決めたくないといった希望に応えながらシフトを作成し、その過程では自身が多忙な中でスタッフに気を使いながらこまめにやりとりを行う管理者の実態があります。加えて一般的なシフト管理方法では「シフト表を作る」ツールと、時間調整などの「コミュニケーションをとる」ツールが分かれており、頻度の高いシフト管理業務はさらに管理者の負担となっていました。(弊社調査では平均約15時間)一方スタッフはチャットアプリなどを用いて希望シフトを文字で入力しなければならなかったり、そもそも個人的な連絡先を店舗と共有することが心理的な負担となっていました。これら管理者とスタッフ双方の負担を解消したいという思いからAirシフトは生まれました。

デザイナーの想い

Airシフトはシフト管理におけるコミュニケーションの負担を軽減することで、管理者の時間的・心理的余裕を生み出し、お客さま対応やスタッフへの気配りに注力してもらうことを目指しています。300以上の店舗の現場に入り込んで実態を調査した結果から、シフト管理の問題は特定の高度な機能があれば解決するものではなく、日常の小さなストレスの積み重ねを解消するデザインに本質的な解があることがわかりました。また、店舗運営では人間味や共感性といったものも非常に重要になります。デザインにあたってはこれら小さな負荷や共感性ひとつひとつに丁寧に向き合うことを意識しており、例えばスタッフを本名ではなくニックネームで表示するといった現場の実運用に寄り添ったデザインとしています。将来的には店舗運営における価値ある判断以外の作業や負担をすべてなくし、自分らしい店舗運営に時間を使える、そのようなサービスにしたいと考えています。

仕様

利用形態:Webサービスとしてパソコンのインターネットブラウザより利用 動作環境:  Windows   ブラウザ InternetExplorer9以上 / GoogleChrome最新版   OS Windows7以上  ※Windows8についてはIE11のみ。  Mac   ブラウザ Safari最新版   OS MacOS X v10.10以上

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Airシフト Webサイト (https://airregi.jp/shift/)
Airシフト Webサイト

審査委員の評価

店舗運営の負荷を軽減させ、尚且つコミュニケーションを活性化させる新しいサービスとして評価した。シフト表とチャット機能を一体化させ、課題を明確にデザインしたことで店舗運営側と従業員双方のストレスが軽減され、労働生産性を高めてくれるであろう。今後他のサービスとの連携により更なる利便性をもたらすことを期待したい。

担当審査委員| 廣田 尚子   佐々木 千穂   田中 仁   深津 貴之   水野 祐  

ページトップへ