GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
保育園 [川和保育園]
事業主体名
社会福祉法人共に生きる会
分類
公共の建築・空間・サインシステム
受賞企業
社会福祉法人共に生きる会 (神奈川県)
株式会社sum design (神奈川県)
株式会社テンジンスタジオ (東京都)
株式会社キクシマ (神奈川県)
受賞番号
18G121053
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

子どもが自主的に遊ぶことができる環境づくりで知られる川和保育園の移転建替計画。新園舎と周囲の森を含めた環境づくりは、園の保育理念が新しい場所と空間で今まで以上に力強く継続するためのデザインであり、更には今後の園の保育活動を通じて、子どもが自主的に遊べる環境づくりの重要性を広く知ってもらうための基盤のデザインでもある。自然地形に囲まれた敷地形状に合わせて園庭を囲うように園舎を配置し、園庭や森と密接した関係を築いた。保育室には、園庭側の大開口のほか隣棟間にも大きな開口部を設け、隣室とのつながりや自然通風を促す。豊かな環境の中、子どもたちに様々な居場所をつくりだす大らかなプラットフォームが完成した。

プロデューサー

社会福祉法人共に生きる会

ディレクター

株式会社sum design 井出敦史

デザイナー

株式会社sum design 井出敦史+株式会社テンジンスタジオ 加藤克彦

詳細情報

http://www.kawawa-hoikuen.ed.jp/

利用開始
2018年4月
設置場所

横浜市都筑区川和町890-2

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

子どもたちに様々な居場所をつくりだすプラットフォーム。 自分で考え自分で遊ぶことができる環境づくり。

背景

「自分で考え自分で遊べ子どもたち」は、川和保育園の理念とも呼べる言葉である。かつて子どもたちは家の近くの空き地などでまさしくそのように遊んでいた。しかし近年では、公園などの制限された空間で与えられた遊具で遊ぶか、ゲーム機などで遊ぶ姿しか見られない。子どもの遊びが商品化されてしまったことや、街中から空き地や原っぱのような余白的な空間がなくなってしまったことが要因と考えられる。 また、遊ぶ場所だけでなく日常生活の中で触れるものについても同様のことが起きている。メンテナンス性や交換の容易さを追い求める余り、住宅の建具やしつらえ、家具や日常的に使用する道具や食器にいたるまで本物を模したもの(主に樹脂製のもの)が多用され、子どもたちが本来の素材に触れる機会が減っている。 子どもたちが「自分で考え、自分で遊ぶ」環境を再生し、初めて知るものを本物の素材を通して覚えてもらうことの実践が必要であると考えた。

デザイナーの想い

建物を一周するように設けた外廊下は、階段を介して2階の保育室と園庭だけでなく屋上や森にも結ばれている。全ての場所にアクセス可能なことは、動線的にも視覚的にも園庭と園舎、既存環境の距離を縮め、保育の場の拡張の可能性やメンテナンス性の向上に繋がっている。 材質は、初めて知るものを本物の素材を通して覚えてもらうため、外壁や建具の木、手摺や階段の鉄、屋上や外廊下のコンクリート、園庭の山砂や水路の石にいたるまで本物の素材を使用した。 保育室には園庭側の開口のほか、各棟を結ぶ横方向にも大きな開口部がある。この開口部により、ホール越しに隣の保育室の声や視線が通り、夏季には風の通り道にもなる。機械空調に頼らない保育環境のあり方も目指した。 本物の素材に触れ、自然がもたらすエネルギーの中で子どもが自分で居場所を選び、自主的に遊べる環境づくりを徹底した。園の理念がここで継続し、更に昇華されることを願っている。

仕様

敷地面積:2,355.77㎡、建築面積:773.42㎡、総延べ床面積:1,262.60㎡、鉄筋コンクリート造、2F建て

どこで購入できるか、
どこで見られるか

川和保育園 横浜市神奈川県横浜市都筑区川和町
sum design
川和保育園

審査委員の評価

園庭でほとんどの時間を過ごすという保育園の移転計画。周囲の斜面の形状に合わせ、シンプルな箱状の建物を無理せず並べている。隙間をデッキや階段などの外部空間でつなぎ建物の内外が近づけている点。内部空間も木と白を基調とした上質で気持ちの良い空間となっている点。子供のための空間でありながら、長く使用することを考えたある意味で成熟したデザインである点。斜面からの雨水を受け止めるトレンチをうまく水路と組み合わせて使用するなど、敷地に合わせたランドスケープのデザインも高く評価された。

担当審査委員| 山梨 知彦   浅子 佳英   石川 初   色部 義昭   永山 祐子   Gary Chang  

ページトップへ