GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
劇場 [台中国家歌劇院]
事業主体名
台中市
分類
公共の建築・空間・サインシステム
受賞企業
株式会社伊東豊雄建築設計事務所 (東京都)
大矩聯合建築師事務所 (Taiwan)
受賞番号
18G121024
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

台中国家歌劇院は、台湾第2の都市、台中市の西部、新興住宅街の公園内に建てられた。約2000席、200席、200席の3つの劇場の他、ギャラリー、ショップ、レストラン、屋上庭園等を複合させたオペラハウスである。”Sound Cave”と呼ばれている通り、建築全体が複雑な洞窟状の空間から成り、2016年秋にオープンした。オープン後連日多くの人々で賑わい、台湾の新しい観光名所となっている。

デザイナー

伊東豊雄建築設計事務所

詳細情報

http://en.npac-ntt.org/

利用開始
2016年9月
設置場所

台湾台中市

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

速さと合理性を求める現代社会において、手づくりでつくられた建築の力強さを、訪れた人に与えている。

背景

複雑な構造体は水平垂直方向に連続するチューブ状の空間でつくられている。チューブ状の空間を発想したのは人間の身体に類似した建築をつくりたかったからである。生命体としての人体が口、鼻、耳などに連なる多くのチューブによって外界と結ばれているように、この建築もチューブを介して外部環境に開きたかった。

デザイナーの想い

2005年のコンペティションに始まったプロジェクトは11年の歳月を要して2016年に完成した。その間工事の請け手がいなかったり、度々の困難に直面し、実現出来たのが奇跡と感じられるくらいである。こうした困難を乗り越えられたのは我々設計チームの「夢を叶えたい」という強い想いが自治体や施工者に通じた結果である。

仕様

敷地面積:57,020.46㎡、 建築面積:8,308.2㎡、 延床面積:51,152.19㎡ 、 構造:鉄筋コンクリート造、 階数:地下2階、地上6階

審査委員の評価

この作品は、建築技術の実験というだけでなく、自由な有機的空間形成で、21世紀建築の時代性と芸術性にとって、無視することのできないマイルストーンを描いた。さらに、この作品は、従来の公式的で特別な機能を有する音楽ホールを積極的に切り開き、台中市の都市広場とエントランスにした。また、生活感と参加感にあふれ、公共性を備えた都市空間が始まっている。

担当審査委員| 山田 遊   柴田 文江   松本 博子   Chi mei Chang   Jung-Ya Hsieh   Shu-Chang Kung  

ページトップへ