GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
カフェ店舗 [スターバックス リージョナルランドマークストア]
事業主体名
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社
分類
商業のための建築・空間・サインシステム
受賞企業
スターバックス コーヒー ジャパン株式会社 (東京都)
受賞番号
18G121000
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

スターバックス リージョナル ランドマーク ストアは地域の象徴としてデザインされ、日本各地の文化を世界に発信する店舗の総称です。人々がその地域の歴史、伝統工芸、文化、産業の素晴らしさを再発見し、その発見を通じて地域へ絆を感じられるよう、様々なローカルのデザインエレメントを織り込みました。建築は町の中に静かに佇んでいた文化財建築の活用、地域の方々が集う公園内のサステイナブル建築など、街並みや景観と調和したデザインです。インテリアは5感で地域の伝統やコーヒーの世界観を体験できるサードプレイスです。体験を通じて人々が地元への誇りと愛着を高め、地域のランドマークとなる店舗づくりを目指しました。

プロデューサー

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 店舗開発本部 店舗設計部 高島真由

ディレクター

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 店舗開発本部 Brian van Stipdonk

デザイナー

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 店舗開発本部 店舗設計部 齋藤慎悟、斉藤真一、有田花絵、田淵啓一郎、柳和宏、山本太一、及川和茂、松原由美、安井智美、中川拓真、中村圭、今村裕子

詳細情報

http://www.starbucks.co.jp

利用開始
2017年3月29日
設置場所

京都、北海道、奈良、神奈川、兵庫、大阪、静岡、福岡、鹿児島、愛媛、富山、山口、広島、青森、鳥取、島根

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

地域のランドマークとして人と地域をつなぐサードプレイス

背景

日本には、長い歴史と貴重な文化がありますが、近代の発展において一部の歴史が埋もれ、人々の記憶から遠ざかっています。そんな貴重な文化を地域の方々と共に掘り起こし、新たに創出された価値を、世界へ広げ次世代に繋いでいくことを目指します。地域のストーリーが織り込まれた空間での店舗パートナーとの“つながりの瞬間”を通じて、地域の価値を再発見した人々が賑わいを創出します。開店後も店舗パートナーが主体的にコミュニティ活動への参画やお客様とのイベントを実施し、地域の活性化を担います。立地選定から建築・インテリアデザインと開店後の店舗の運営、すべてを主体的にリードできるスターバックスだからこそ実現できる、ハードとソフトが融合された空間での地域とのつながりの創造は、情報化社会における実店舗の存在価値を証明する試みです。

デザイナーの想い

我々はグローバルな視点で将来にわたって人々の心を豊かで活力のあるものにする店作りを考え、ローカルの人々と共に地域と結びつけながら店舗デザインをおこなっています。地域社会に良い影響をもたらすよう、「コミュニティの活性化」「サステイナブルなデザイン」「ダイバーシティ&インクルージョン」に取り組んでおります。ごみのリサイクルや独自に開発した豆かす入りサステイナブル素材をお客様にご紹介し、持続可能な社会への取り組みを地域と共に考え行動しています。そして、人種、LGBT、身体的な特性を超えて多様な人々を温かく歓迎するために、自閉症アーティストの作品紹介やコミュニティ活動への参画など、空間デザインと店舗運営でダイバーシティ&インクルージョンを店舗で実現しています。これらのローカルでの取り組みを世界へ発信し、豊かで持続可能な社会の実現に向けて活動する地域の人々を支援します。

仕様

120㎡から200㎡の単層・複層建築

どこで購入できるか、
どこで見られるか

スターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店、神戸メリケンパーク店、川越鐘つき通り店 他
http://www.starbucks.co.jp

審査委員の評価

グッドデザイン賞の選定基準の一つに良い試みの波及効果という側面が挙げられる。本計画は多くのチェーン店舗が景観配慮を要する地域に対して景観や背景を無視した店舗設計を推し進める中で、簡易なサイン計画や内装計画に留まる表層的な操作ではなく、建築計画にまで踏み込んだ提案となっている。大規模チェーンの店舗でありながら、個別性に富み、それでありながらそこはかとなくブランドとしての一貫性も感じさせる、一連の試み全体を評価したい。

担当審査委員| 山梨 知彦   浅子 佳英   石川 初   色部 義昭   永山 祐子   Gary Chang  

ページトップへ