GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
商業施設 [キッチン&マーケット]
事業主体名
株式会社阪急オアシス
分類
商業のための建築・空間・サインシステム
受賞企業
株式会社阪急オアシス (大阪府)
株式会社類設計室 (大阪府)
株式会社阪急建装 (大阪府)
受賞番号
18G120980
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

“買う、食べる、集まる!” を全体コンセプトとして打ち出した「KITCHEN & MARKET」は、梅田の中心で「様々な人」に「世界からの食」を「多様なニーズ」に応え提供する、レストランと物販が融合した今までにない全く新しいフードマルシェである。 空間コンセプトは「リアル店舗の面白さ」、「市場感の創出」。 ヨーロッパ・テイストの市場感をベースに大阪という立地を踏まえ、スケルトン天井やエイジング素材を利用し、いい意味で「売り場を汚す」事で百貨店のデパ地下とは異なる賑わいを生む空間をつくりだした。 また、市場感の創出のため、朝、昼、夜で売場の雰囲気を変える照明デザインとしている。

プロデューサー

株式会社阪急オアシス

ディレクター

株式会社阪急オアシス

デザイナー

株式会社類設計室 小林有吾、笠原光+株式会社阪急建装 西村航+株式会社きちり+株式会社ファンタスティックデザインワークス

阪急オアシス店舗企画部・類設計室・阪急建装 設計チーム

詳細情報

http://www.hankyu-oasis.com/kitchenmarket/

利用開始
2018年4月1日
設置場所

大阪市北区梅田3-1-3 ルクア大阪地下2階

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

“買う、食べる、集まる!”  ヨーロッパテイストの市場感と大阪が融合した賑わい感の創出

背景

近年、高齢化や共働きの増加など、ライフスタイルが変化している。それに伴いスーパーマーケットの需要も、従来の肉、魚、野菜などの「食材」からパン、お惣菜、デリカなどの「食事」に変化してきている。 一方で、アマゾンやヤフーを中心としたECが急成長する中、「リアル店舗」の存在意義が問われている。 キッチン&マーケットはこの増加する「食事需要」、そしてECには無い「リアル店舗の面白さ」に真正面から応えようという試みである。

デザイナーの想い

今回最も実現したかったのが、ヨーロッパテイストの市場感と大阪という立地が融合した「リアル店舗の楽しさ」を実感できるデザイン。 ヨーロッパのマルシェは、2~3mを1区画とした各店舗の売場空間が連なる事で全体として一つの場でありながら変化に富んだにぎわいのある空間が生まれている。 今回はその空気感を再現しようと、部分-全体のデザインコードをあらかじめ作ることで全体の統合感を持ちながら画一的な空間にならない様なデザインを心掛けた。 そして、その市場感をベースにエイジング素材やサイン、小物等で売場を「汚していく」事で賑わい感を演出した。 特に全体の雰囲気を規定する床の仕様については、チーム全体で何度も検討する中で材料を決定している。 今後はキッチン&マーケット2号店に向けてお客様の動向を見ながら、デザインを進化させて行きたい。

仕様

売り場面積:約1,400㎡/座席数:約300席/利用形態:レストランと物販が融合した新しい空間

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ルクア大阪地下2階
ルクア大阪
ルクアフードホール
阪急オアシス KITCHEN & MARKET

審査委員の評価

レストランと物販が融合した梅田の中心地にある百貨店地下のフードマルシェ。スケルトンの空間に、物販空間としては少し暗めの設定が通常のデパ地下とは大きく異なっており、マルシェにいるような多様で、きた人が巡る楽しさを感じつような空間を生み出している。物が売れにくい時代に人を空間体験の魅力で引き込む意欲的な試みである点が評価された。

担当審査委員| 山梨 知彦   浅子 佳英   石川 初   色部 義昭   永山 祐子   Gary Chang  

ページトップへ