GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
新しい「都市の庭」のつくり方 [大手町ファーストスクエア・サンクンガーデン・リニューアルプロジェクト]
事業主体名
NTT都市開発+NTT東日本+東京海上日動火災保険+三菱UFJ信託銀行+公共建物
分類
ランドスケープ、土木・構造物
受賞企業
NTT都市開発株式会社 (東京都)
受賞番号
18G120976
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

再開発が進む東京・大手町エリアにある大手町ファーストスクエアのリニューアルを進めるなかでのシンボルプロジェクトとして、公開空地であるサンクンガーデンのリニューアルを行った。ユーザーの体験価値の向上につながるプロセスとして取り組んだのは、当地の環境を享受することができる近隣のオフィスワーカーとの従来の枠組みに囚われない、領域を超えた議論やワークショップを重ねたことである。結果として得られた潜在的なユーザーニーズを見定め、ハードへの落とし込みとともに、運営と一体となってサービスを提供するソフトの仕組みも合わせて構築することで、大手町エリアに新しい「都市の庭(日常・非日常を過ごす場)」が完成した。

プロデューサー

NTT都市開発株式会社 長岡公一

ディレクター

NTT都市開発株式会社 長岡公一、遠藤卓哉、堀口裕、中井達郎+株式会社ホワイトペーパーズ 菅野慶太

デザイナー

NTT都市開発株式会社 長岡公一、遠藤卓哉、堀口裕、中井達郎+株式会社GKデザイン総研広島 平井達也+株式会社パーク・コーポレーション 城本栄治、児玉絵実、辻永岳史、井上真紀子、青柳葉子、坂井邦子、森美波

デザイナー顔写真

詳細情報

http://www.1st.co.jp/

利用開始
2017年5月
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都千代田区大手町1-5-1

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

体験価値を高めるユーザー参加型リ・デザインによる公開空地の空間的利活用

背景

大手町ファーストスクエアのサンクンガーデンは、大丸有エリアを南北に走る「丸の内仲通り」の帰結点であり、かつ公共交通が交差し、地上と地下の歩行者動線も交わる好立地に加え、隣地には自然林で構成された「大手町の森」があるという、近隣の公開空地の中でも突出したポテンシャルの高さを有しているにも関わらず、上手く活用されてこなかったというのが実情であった。そうした背景に、ただ単に使いやすい、わかりやすいだけではなく、ユーザーの行動を喚起し、ユーザーがやりたいことを「楽しく」「心地よく」実現するために、当地ならではの日常と非日常を踏まえたハードの在り方、ソフトの在り方、仕組みの在り方を模索すべく、当地の環境を享受される近隣オフィスワーカーを交えたワークショップを行う等、従来の枠組みにはないプロセスを企画・実施した。つまり、機能性向上の枠を超えた、ユーザー体験価値向上のための改修プロセスである。

デザイナーの想い

建物や場所は、新築も改修も完成してから活かされていないといった課題が山積みとなることが多々ある。しかし、本プロジェクトにおいては、従来の枠組みにはない改修プロセスを実施することで、潜在的なユーザーニーズの把握から、日常と非日常の在り方を想定し、ユーザー体験価値の向上につながるハードのデザインに加え、長期的視点のもとにサービスの運営にいたる仕組みの構築までをトータルにデザインすることが出来たことは大変意義深く、また、ユーザー自身がプロジェクトに関わることをプロセスに取り込んだ時点から、ファンの獲得とともにインフルエンサーの醸成につながることも意図している。将来的には大手町ファーストスクエアのブランド価値向上のみならず、隣地の「大手町の森」とのシナジーも合わさり、周辺エリアの価値向上につながることを目指すとともに、都市再生デザインにおけるひとつの新しいプロセスを示すことができたと思っている。

仕様

規模/面積:112.3㎡、地下1階・地上1階、主要仕上/床:デッキ材、立上側面:天然石、亜鉛メッキリン酸処理、メラミン焼付塗装、手摺他鉄部:メラミン焼付塗装、ベンチ:デッキ材

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア

審査委員の評価

都心の既存のサンクンガーデンを改修したプロジェクトである。利用者であるオフィスワーカーを巻き込んだワークショップなどを通して、今日の都市の庭のありかたを模索した。公開空地の存続や更新のあり方として優れた手法を示した。民間による都市の庭はこのように時代に応じて更新されてよい。

担当審査委員| 山梨 知彦   浅子 佳英   石川 初   色部 義昭   永山 祐子   Gary Chang  

ページトップへ