GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドフォーカス賞 [新ビジネスデザイン]

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
サービス付き高齢者向け住宅 [ゆいま~る高島平]
事業主体名
株式会社コミュニティネット
分類
共同住宅
受賞企業
株式会社コミュニティネット (東京都)
株式会社プラスニューオフィス (東京都)
受賞番号
18G100890
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

日本最大規模を誇る高島平団地の1住棟の中の全121戸のうち、各階に分散している30戸をサービス付き高齢者向け住宅として改修した。40年前の核家族を想定してつくられた2DKから、単身または夫婦の高齢者が快適に安心して生活できるゆとりのある住まいへと改修した。月1回のペースでワークショップを開催し、どのような住まいにするかを入居希望者や地域の方々と話し合いながら進めた。時には入居希望者のお宅を訪問して生活実態調査も行い、日常の動線や水周りと玄関での動きなどを設計の参考にした。住棟内に分散した住戸をサービス付き高齢者向け住宅として整備する全国初の試みで、ストック活用のモデルとなるプロジェクトである。

プロデューサー

株式会社コミュニティネット+独立行政法人都市再生機構 東日本賃貸住宅本部

ディレクター

株式会社プラスニューオフィス 今井裕久

デザイナー

株式会社プラスニューオフィス 瀬戸健似、近藤創順、北村大作

利用開始
2014年12月
価格

93,000 ~ 98,100円 (上記価格は賃料本体、さらに共益費と生活支援サービス費が発生)

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都板橋区

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

サービス付き高齢者向け住宅として高齢者が住むための必要最低限のものを余計なことをせずにまとめました。

背景

全国で課題となっている空家活用の新しいモデルを社会のためにつくりたいという使命からです。

デザイナーの想い

高島平団地は高齢化率は高いですが、人口が多いということもあり若い世代も多く住んでおり、団地内の至るところで子供たちも多く遊んでいるような活気が有る場所です。暮らし始めた高齢者の方々には積極的に多世代のコミュニティを築いて楽しんで欲しいと思います。また、高島台団地全体としては老朽化の問題があります。このプロジェクトが1つのきっかけとなり、全体でよりよい居住環境の整備に繋がってほしいと考えています。

仕様

敷地面積 5,059.42m2 建築面積 1.051.33m2 延床面積 7,577.73m2(改修部分1273.26m2) 階数 地上11階 塔屋3階 主体構造 鉄骨鉄筋コンクリート

審査委員の評価

団地内で進行する高齢化、家族の小型化といった重い社会課題に対して、針治療のように柔軟に対応する手法が評価された。また、肝心の住空間についても、気配が共用廊下に伝わるような配慮がなされている。たとえばそれは、玄関を大きく取って共用廊下側の開口部が有効に機能するようにしたり、南北を大きな空間で繋いだり、というところに現れている。このような取り組みが様々に展開され、また情報交換されることで、建築デザインが社会課題に関わろうとすることが肝要である。

担当審査委員| 仲 俊治   小見 康夫   手塚 由比   栃澤 麻利  

ページトップへ