GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
へーベルハウス 東京一軒屋 [豪徳寺モデル はなまねき]
事業主体名
旭化成ホームズ株式会社東京デザインオフィス
分類
戸建て住宅
受賞企業
旭化成ホームズ株式会社 TOKYO DESIGN OFFICE [上席設計士: 荒川圭史 ] (東京都)
受賞番号
18G100846
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

人工照明とエアコンディショナーに担保されただけの快適さではなく、かといって都市を離れ緑豊かな自然の中に身を置いた快適さでもない。都市の中で街と適度な距離感を保ちながら緑や花の持つ潜在的な力を享受した潤いのある生活を送りたいと考えている人達のための住宅のデザインである。はなまねきテラスやトイレの一輪挿し、緑をまとったオリジナルの照明器具、浴室前の小さなテラスの緑など、家のどこにいても、花や緑の持つ豊かさを感じられるような住宅を提案することで、生活に潤いが生まれ家族の記憶が定着する。建築的な操作と緑の力で内と外と街の境界を緩くした この緑をまとった住宅があることで生活にも街にも潤いが生まれる。

プロデューサー

旭化成ホームズ株式会社 東京総合支店支店長 鹿子島 稔

ディレクター

旭化成ホームズ株式会社 東京デザインオフィス 荒川圭史+ADDReC株式会社 福島大我

デザイナー

旭化成ホームズ株式会社 東京デザインオフィス 荒川圭史、東京インテリアセンター 青木亮子+ADDReC株式会社 福島大我、小山ひろみ+株式会社パーク・コーポレーション 城本栄治、堀部真澄、辻永岳史

詳細情報

http://hebel-tdo.com/tdo/goutokuji/index.html/

利用開始
2017年7月
販売地域

日本国内向け

設置場所

世田谷区赤堤2-1-6

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

住宅デザインの中にグリーンのデザインを加えていくことで、街と住宅に心地良さと美しさを生み出す。

背景

住宅をデザインするということは内部と外部の関係をデザインすることである。そして、内部・外部というエリアを超え、さらに敷地の外も含め街から敷地内、建物の内部へとインターフェイスがうまく計画されていることが、よい住宅の条件である。しかし都市部の住宅地では敷地に制約があり、インターフェイスのデザインがうまくいっていないものが多く、この問題を解決するよい方法がないかと常日頃考えている。とりあえずコンクリートブロックとアルミのフェンスで敷地を囲うということで出来上がる街並みはお世辞にもきれいとは言えず、この街並みをどうにかしたいという思いが一番強いかもしれない。また単に生垣を作るというようなことではなく、もう少し建築的な解決方法を加えていくことで、快適なインターフェイスが作れないかと考えていく中でこの住宅のデザインをしようと考えるに至った。

デザイナーの想い

住宅のデザインは気持ちの良さのデザインである。気持ち良さを生み出す要素は14個くらいある。その中でも緑は大きな要素である。また快適さを生み出す上で中間領域的な境界の曖昧さも重要で、「はなまねき」では、一階のテラスが内と外との中間領域として存在している。床の段差をなくすということは誰でも考えるが、はなまねきテラスではアコヤという化学的な処理で腐りにくくした木材を使うことで、内と外の仕上げ材をそろえている。また、緑を融合した照明器具を作ったり、トイレの一輪挿し、ダイニングテーブルに穴を開けた一輪挿し、狭いベランダで入浴中にグリーンの存在を感じたり屋上に使いやすい高さにプランターを置くような小さな工夫を加えることで、生活の中に花や緑のエネルギーを感じられるような住宅を作りたいと考えた。これからも住宅のデザインの中にもっと緑の存在をアピールしていくようなデザインをしていきたいと考えている。

仕様

躯体:システムラーメン鉄骨造、外壁:ALCコンクリート、地上3階建て、建築面積:79.55㎡、延べ面積:142.83㎡

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都世田谷区赤堤2-1-6街かどヘーベルハウス豪徳寺「はなまねき」
街かどへーベルハウス豪徳寺「はなまねき」
はじめて家を建てる 東京一軒家 GOUTOKUJIモデル「はなまねき」/ヘーベルハウス

審査委員の評価

通りに面してプランターの棚を設え、内側に緑に囲まれたテラスを作ることで適度にプライバシーを守りながらも街に開いた魅力的な住宅が実現されている。プランターの棚は塀ほどに閉鎖的でもなく、生垣よりは安心感のある囲い方となっていて、住環境を良くするだけでなく、魅力的な街並みを作るのにも寄与しているのが良い。道路に面した住宅の建ち方として一般性のある提案となっていると思う。

担当審査委員| 仲 俊治   小見 康夫   手塚 由比   栃澤 麻利  

ページトップへ