GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
規格住宅 [木の箱]
事業主体名
株式会社二村建築
分類
商品化・工業化住宅
受賞企業
株式会社二村建築 (新潟県)
受賞番号
18G100825
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

規格住宅「木の箱」は日本の「木」の文化、職人不足で激減している「大工」の技術を継承しつつ、全ての工程において合理化を実現し、品質の向上とコストダウンを追求した。 内部の特徴は「木組み」と日本の伝統的な「真壁」のデザイン。 最新の技術と断熱性能でZEH仕様の住宅。 間取りは4間(7.272m)×4間(7.272m)の正方形のプランでいくつものパターンを用意。

プロデューサー

株式会社二村建築 代表取締役 二村清栄

ディレクター

株式会社二村建築 専務取締役 二村清人

デザイナー

株式会社二村建築 専務取締役 二村清人

二村清人

発売
2018年3月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

新潟県西蒲原郡弥彦村大字上泉1792番地5

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

手刻みのZEH規格住宅

背景

・大工型工務店の住宅を少しでも多くの方に購入していただけるよう、手刻みでの規格住宅を提案。 ・大工職人が激減する今日、次世代に大工技術の継承をしたかった。

デザイナーの想い

①規格住宅ではしないコストのかかる手刻みをあえて行い、大工職人が激減する今日、次世代に大工技術の継承できるような大工型の規格住宅を提案したかった。 ②時代の流れでもあるZEH基準もクリア、規格住宅「木の箱」は大工さんの家造りをより多くの人たちに提供できるきっかけになった。

仕様

建築面積  52.88㎡(16.00坪) 1階床面積 51.22㎡(15.50坪) 2階床面積 52.88㎡(16.00坪) 延床面積 104.10㎡(31.50坪) 工法:在来軸組工法+パネル工法

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社二村建築 住所 新潟県西蒲原郡弥彦村大字上泉1792-5
株式会社二村建築

審査委員の評価

伝統的な大工の技術を継承しながら、断熱性能の向上や良好な温熱環境も実現している。地方に足場のある大工型工務店だから取り組める作品である。木組みや素材感を引き出した美しさを評価した。規格化を図る意図は理解できるものの、デザインという視点に立てば、大工技術が発揮されたからこそ叶えられるデザインを、さらに追求されることを期待したい。

担当審査委員| 仲 俊治   小見 康夫   手塚 由比   栃澤 麻利  

ページトップへ