GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
商品住宅 [BATON(バトン)]
事業主体名
ハートフルホーム福山株式会社
分類
商品化・工業化住宅
受賞企業
ハートフルホーム福山株式会社 (広島県)
受賞番号
18G100818
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

共働きの家族が増えている現代。休日の違いや勤務時間の違いなどにより、家族とのすれ違いが生まれることもある。そんな中でも家族との コミュニケーションを大事にすることもでき、自分の好きな居場所を見つけられる住宅展示場。『外と中をつなぐ』家族の集うLDKは開放的に。 広縁はLDKの延長であり、子供は自由に外と中を行き来して遊びまわれる。『人と人をつなぐ』LDKの一角にあるユーティリティスペースは 隠れ家のような半個室空間。家族との時間、プライベートな時間の両方を叶えるほっこり部屋。『今と昔をつなぐ』玄関に入ると広がる和の空間。 どこか懐かしい雰囲気と現代のインテリアが融合した住宅展示場。

プロデューサー

ハートフルホーム福山株式会社 代表取締役 濱畑直也

ディレクター

ハートフルホーム福山株式会社 佐藤博文

デザイナー

ハートフルホーム福山株式会社 佐藤博文、小田敏久

Architect Hirofumi Satou

詳細情報

http://hfhf.co.jp/products/baton/

利用開始
2018年5月3日
販売地域

日本国内向け

設置場所

〒720-0804 広島県福山市緑町1番地51(ふれあいホームタウンみどりまち内)

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

日本家屋の様な懐かしさを忘れず、現代という今を取り込み、外と中をつなぎ、人と人をつなぐ家づくり

背景

家族で過ごす理想の休日とはどんなものでしょう。共働き世代、子育て世代、毎日がとにかく忙しい今の日本の家族。そんな今の時代の家族だからこそ、一番身近にいる家族を「つなぐ」住まいを形にしました。家族とのコミュニケーションを大切に出来る空間であること、そしてプライベートも大切にしたいと思われる現代の人々が外に行くのではなく家の中でも好きな場所で好きな時間を心地良く過ごすことの出来る、そんな「人と人」をつなぐ住宅。そんな中でも、家の中だけではなく外である空間をうまく取り入れる事で、小さな家でも広く見せるならを考え、深い軒の出や縁側を部屋とつなぐ事で「外と中」がつながった一つの大きな空間へと変わり「外と中」を上手くつなぎ、「人と人」とのつながりを感じ、「過去と現代」を調和させる事でどこか懐かしくもほっこり出来る住宅、そんな思いから生まれたのがこの「BATON」です。

デザイナーの想い

一昔前の日本家屋にはどの家にも当たり前にあった『縁側』 昔からある日本の風景に出会うと、どこか懐かしく心が和み心が穏やかになります。何もしなくても自然と人が集まり、心にもゆとりを与えてくれます。深い軒先に守られた広縁は、中と外をゆるやかにつなぎ、人と人をつなぐ、コミュニケーションが取れる空間です。晴れた日曜日の朝にはひなたぼっこ、雨の日は雨だれを眺めてぼんやり暮らす。 どこかほっこりとした懐かしさを感じる心地の良い空間です。 何気なく忙しく過ぎ行く暮らしの中にも、小さな安らぎと感動があり、人と人へのつながりを感じることができ、そこには必ず自然と笑顔が生まれる。往来の家づくりの原点だと。子育て世代は、家族や友人と楽しむ時間を大切にしつつ、自分がひとりになれる時間も大切にしたいという価値観を持っており、ひとりの時間を楽しむ為にもあらゆる所に『居場所』という空間を取り入れています。

仕様

・敷地面積:300㎡(90.75坪) ・建築面積:161.47㎡(48.84坪)・1階床面積:135.19㎡(40.89坪)・2階床面積:82.39㎡(24.92坪)・延床面積:217.58㎡(65.81坪)、在来軸組工法、ZEH、長期優良住宅、2階建て

どこで購入できるか、
どこで見られるか

BATONみどりまち展示場 〒720-0804 広島県福山市緑町1番地51
BATON 公式ホームページ

審査委員の評価

都市型の住宅から畳の部屋が消えつつある今日、オープンプランの中に敢えて畳の領域を複数確保することにより、空間を分節するだけでなく、一つの空間内で異なる起居様式を融合させようと目論んでいる。また畳と障子による玄関ホールはそこでの立ち居振る舞いの変化を、LDKに続く大きな広縁と大型サッシは庭への積極的な働きかけを予感させるものであり、細部にわたる丁寧な作り込みが評価できる。

担当審査委員| 仲 俊治   小見 康夫   手塚 由比   栃澤 麻利  

ページトップへ