GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
感染対策アイシールド [アイケア フェイスガード]
事業主体名
株式会社エリカ オプチカル
分類
医療用機器・設備
受賞企業
株式会社エリカ オプチカル (福井県)
受賞番号
18G080719
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

医療現場で求められる安全性と機能性を基に、眼鏡の産地の高い設計技術を用い、安全性、快適性、視認性を追及した感染対策アイシールドです。眼鏡の上から着用可能で、まるで着用感がない軽さとフレームがずれないフィット感を実現しています。フィルムは、従来では防ぎきれなかった上からの微細な飛沫を、フィルム曲げ加工により侵入を防ぎ、感染リスクを大幅に低減し高い安全性を実現。さらに、フィルムの歪みを抑え、着用者の眼の健康も配慮したデザインになっています。フィルム両面曇り止めコート付でマスク併用でも曇らない視界を確保。フィルム交換も容易で、かけ心地、視認性、安全性に優れた、ストレスフリーなフェイスシールドです。

プロデューサー

株式会社エリカ オプチカル

ディレクター

株式会社エリカ オプチカル 専務取締役 北 弘一

デザイナー

株式会社エリカ オプチカル 企画デザイン 松儀 里美

発売
2018年5月1日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

長時間着用でのかけ心地、視認性、安全性の確保、着用者の眼の健康も配慮した、ストレスフリーなデザイン

背景

医療現場において、眼は感染ルートであるため、眼を血液や体液などから守ることは重要ですが、現状としてアイシールドの着用率の低さが問題となっております。着用率の低さの原因として、着用時の側頭部の締め付けやフレームのずれなど、かけ心地の問題。また、視界がフレームに遮られる、歪みが多く眼が疲れるなど、見え方にも問題があり、集中力を要する医療処置において、アイシールドはストレスの与えるものでした。当社は産地福井の設計技術をベースに、ストレスフリーなデザインで、医療現場でのアイシールド着用率の向上、医療従事者の安全と眼の健康を守ることを目指しています。

デザイナーの想い

当社は「皆様の眼を守りたい」をスローガンに眼を守る機能に特化した製品を開発しています。今回、医療現場での感染対策にフォーカスしてデザインを致しました。医療現場でのヒアリングをもとに、フィルムディスポタイプに求められる機能性、安全性、視認性を追及致しました。長時間着用を想定し、従来品では問題があった、微細な飛沫をブロックといかに着用者のストレスを排除できるかを考慮し、また、感染物質を防ぐだけでなく、着用者の眼の健康を守れる製品を目指しデザイン致しました。

仕様

フレーム:ポリカーボネイト パッド:ナイロン フレーム重量:14g フィルム:Mサイズ、Lサイズ(2種類)PET(厚み0.3mm) ※両面曇り止めコート付

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社エリカ オプチカル

審査委員の評価

医療現場という厳しい環境下で、感染対策アイシールドとして求められるいくつもの要件(利便性、安全性、視認性、実用性、機能性等)を満たしながらも、極めてシンプルかつ質の高いデザインとなっている点が評価された。

担当審査委員| 田子 學   石川 善樹   内田 まほろ   重野 貴   Sertaç Ersayın  

ページトップへ