GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
移動式室内足場 [SGエンジェル]
事業主体名
ジー・オー・ピー株式会社
分類
生産・製造用機器・設備
受賞企業
ジー・オー・ピー株式会社 (東京都)
受賞番号
18G080685
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

建築現場等で、天井や壁面作業などで使用される室内移動式足場 (1)天井仕上げ作業者が組み立て、設置、移動し使用するステージ型の移動式室内足場。 (2)オフィス、テナントなど建築現場のシステム天井、天井仕上げ時に使用する移動式室内足場。 簡単、安全に組立設置。単体同士やブリッジを用いて足場面積を拡張。足場下に資材をストック可能。連結した状態で作業エリアを移動して天井仕上げ。不使用時はコンパクトに管理し、盛替えの効率化や運搬費の削減も実現しました。

プロデューサー

千田豊治

ディレクター

松垣陽一

デザイナー

割田哲弘

プレリリース版を試験導入
2017年9月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

天井工事作業者に足場組立時の安全性とストレスフリーを追求した室内移動式足場

背景

天井仕上げ作業を行うには、作業者自身が足場を運搬、組み立て、設置、移動しなければいけません。足場の組立は専門の職人ではなく、天井仕上げ職人が組立を行なっています。高さ、面積とも自由に形状を構成できる安全な足場が必要でした。従来品は鉄製で重く、天板が折りたためる機構で、足場組立時に指が挟まれる事故が多く発生していました。また、折りたたみ自立した状態で運搬、移動も行う為、転倒や挟まれ事故も発生していました。現場にトラックで搬入する際も台数が限られて非効率、非経済的でした。近年は、リニューアル工事も増加してオフィスデスクを跨げる足場も必要になってきています。

デザイナーの想い

建設業界も活況で、新築工事やリニューアル工事では短期間での工事竣工が求められてきています。足場からの転落・転倒事故は減少する傾向もなく、足場の組立作業には「足場の組立て等作業従事者特別教育」が義務化されました。室内足場は、外部足場とは異なり、天井仕上げ工事作業者自身が足場を組立てます。そこで安全・簡単・スピーディーに組立可能で、作業場所や用途に合わせて自由に形状構成できる足場。作業台の床下に収納スペースも有して、楽に移動できるコンパクトな室内移動足場が必要でした。足場組立時のストレスを軽減したい。仮設品に関する足場からの転落・墜落事故をゼロにしたい。その想いから、足場の形態はシンプルに、組立アクションは簡便にすることで、「安心の創出・安全の創出」を図り、室内移動式足場をデザインしました。

仕様

■共通:アルミ合金製、天板長さL=1560mm 天板幅W=1010mm 、最大使用質量190kg ■Mサイズ 最小高さH1=700mm 最大高さH2=900mm 伸縮幅H1-H2=200mm 質量28kg ■Lサイズ 最小高さH1=1075mm 最大高さH2=1475mm 伸縮幅H1-H2=400mm 質量33kg ■オプション 感知フレーム 昇降ハシゴ ブリッジ

審査委員の評価

施工期間が短くなり、作業人数が減る建設現場の、天井工事作業の安全と効率を目指した製品。足場専門の職人ではなく、天井工事作業者が自ら組み立て、移動や、高さ調整を行なう、室内移動式足場という特殊性において、簡便な組み立て方式、アルミにおける軽量化、組立時の指はさみ防止やロック機構による安全性の確保、搬送時のコンパクト化など、様々なシチュエーションでのニーズをスタディし、クリアしている点が評価できる。実際使用したときの安定感や軽量感のバランスが非常によい。

担当審査委員| 田子 學   石川 善樹   内田 まほろ   重野 貴   Sertaç Ersayın  

ページトップへ